着物〜はごろも

着物暮らしの徒然日記
着物まわりの人・もの・事柄
十二単4回目の講座〜楽布
0
    4回目の講座は、唐衣(からぎぬ)裳(も)まで。
    とにかく時間が足りないので、
    五衣(いつつぎぬ)は二の衣もしくは三の衣までとする。
    打衣(うちぎぬ)表着(うわぎ)、そして唐衣、裳まで着けました。

    さて、来週(7月13日)5回目の講座は、大会議室にて、
    十二単、束帯のお服上げと、蛮絵装束(ばんえいしょうぞく)が、
    見学できます。
    トビウオは、十二単の後衣紋者を務めます。
    詳しくは、info@kimono-hagoromo.com までお問い合わせください。

    丸の内に立ち寄り、今池「楽布」さんへ。
    二本目の紙布の日傘が出来上がっていた。



    糸が足りず、絡んだ糸を丁寧に解いて織り上げた布と伺っていたので、
    より愛着が湧きますね。
    柴犬のたろ吉君と同じ色ですね。



    もう次の作品が、機にかかっていました。
    綺麗な糸は、インドのサリーから作られたもの。
    この楽しい布は、どんな形になるのかしら?



    「楽布」のsachiさんは、魔法の手を持っていらっしゃるのですね。
    たのしみです。



    お散歩に行きたい柴犬のたろ吉君


    | 日記 | 00:03 | comments(2) | trackbacks(0) |
    スマイル弁当
    0

      にっこりと、してみました。

      ある方の日記で、

      『朝目が覚めたら、声に出して
      「ああ、今日はいい日だったあ」と言ってごらんなさい。
       いい日になりますように ではなくて「いい日だった」ですよ。
      「色んな事が、うまく運んで(ここは好きなように言い換えて)
       ほんとに今日は、いい日だった。」と声にだして3回ほど。
       毎朝、気持ちを込めて「いい一日でした。ありがとうございます。」と
       三回唱えるといいよ。』

      というのを読んだ。
      それ、私も頂きます('-^*)/



      スマイル弁当。
      笑顔を頂きました。
      | 食べ物 | 00:11 | comments(2) | trackbacks(0) |
      梅雨時というのに…
      0
        梅雨なのに、ここのところ雨に降られることもなく過ごしていた。
        有り難いことなんですが、今日は、ついうっかり雨のこと忘れていました。

        仕事帰りにお茶する約束していたし、パナマの草履にレースの日傘。
        夏紬に紗献上博多の帯。帯留めは、たかさんの幸せを呼ぶ四つ葉。
        ロングベストを羽織り、出勤。



        帰りの時間を待たずに、雨が降ってきました。
        ビニールの傘を借りて、後は、駅に着いてから考えよう。。。



        美味しくお茶のじかんを過ごし、駅に到着。
        残念ながら、雨は降り続いておりました。

        巻きコルクの畳表の草履の台のみで、65000円也を「伊と忠」さんで、
        見たばかり…。
        雨に濡れると、草履は、裏から水が滲みて痛んでしまいます。
        履けなくなっては、大変です。
        夏紬も洗い張りして仕立てたばかり…。しかも白系。
        雨のハネなど付けたくない。

        さて、ロングベストの衿のスナップを止め、着物の裾をはしょり、
        衽の先を帯留めの通してある三分紐に引っ掛けます。
        麻の長襦袢の裾が見えますが、お家に帰るだけの事。
        パナマの草履を脱ぎ、足袋のままスタスタと。





        着物も草履も無事帰還。



        まだまた、梅雨が続きます。
        油断せずに雨仕度を忘れずに、出かけませう。
        (自分に言い聞かす。。。)

        | 着物コーディネート | 23:12 | comments(17) | trackbacks(0) |
        虫刺されにはドクダミ
        0


          さっちゃんから教えてもらったドクダミの焼酎漬け。
          さっちゃんの日記
          ドクダミの花を摘んで、焼酎に漬けるだけ。
          本当は一年待ってから使うそうです。

          一年は待てないので、つけてみたら痒みが止まった。
          なかなかの優れもの。



          皆さん、色々な知恵をもっていらっしゃるので、有り難いこと。
          | 日記 | 20:57 | comments(4) | trackbacks(0) |
          つゆくさの半襟
          0


            七月のお染さんの半襟は「つゆくさ」

            着物〜はごろも」にアップしました。
            | 着物コーディネート | 11:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
            CALENDAR
            S M T W T F S
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            25262728293031
            << October 2020 >>
            RECOMMEND
            四季旬菜100選
            四季旬菜100選 (JUGEMレビュー »)
            木村 惠一
            まず写真が美しい。勢いがある。そそられる。
            旬のものには、エネルギーがあるのが伝わってくる。
            一首添えられて、語られる文章は簡潔だが奥深い。
            「つくし」からはじまるのも嬉しくなった。
            どこからでも読み始められる気ままさもよい。
            手元に置いて、時々眺めたい一冊。

            RECOMMEND
            ハイライトで読む 美しい日本人
            ハイライトで読む 美しい日本人 (JUGEMレビュー »)
            齋藤 孝
            嬉しくなりました。
            ついひと昔まであった愛すべき、美しい日本人のあり方に触れることができたから。
            忘れ去られていたことが、なーんだ!ほんとはそうだったんだ!
            と明るい発見があるものでした。
            日本人のアイデンティティを考える時におすすめの一冊です。
            RECOMMEND
            聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技
            聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技 (JUGEMレビュー »)
            原田 紀子
            着物が仕事着として機能的であることを知る貴重なお話。またぎの装束・たたら着・白衣・日常の中の着物。一番関心をもったのは「着物の手入れと再生」
            その中で、夢蔵の鈴木さんの記事を発見!!!著者の聞き書きの幅の広さに感心致しました。
            RECOMMEND
            安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて
            安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて (JUGEMレビュー »)
            安藤 明子
            家庭をもち、子育てをしながら根付いた「サロン」
            慈しみ大切にする気持ちが伝わってきます。
            安藤さんのサロンはきものに通じるものがあります。
            「ギャルリ百草」にて安藤さんにお会いして、彼女のことをもっと知りたくて・・・
            SELECTED ENTRIES
            CATEGORIES
            ARCHIVES
            RECENT COMMENT
            RECENT TRACKBACK
            モバイル
            qrcode
            LINKS
            PROFILE