着物〜はごろも

着物暮らしの徒然日記
着物まわりの人・もの・事柄
マスクな一日
0


    横浜三渓園に出かけた日から、ハスキーボイスになってしまいました。

    乾燥する環境にいると、
    ますます、ひどくなり咳も出てきてしまった。
    今朝からは、鼻水垂れ子になり、とうとうマスクを購入した。

    昔ながらのガーゼのマスク。
    袋から取り出していたら、
    「こちらのほうが息苦しくないよ。」と分けて頂いた。
    その方は、通販でマスクをまとめ買いをしている。

    マスクな一日。


    | 日記 | 22:24 | comments(2) | trackbacks(0) |
    三渓園鶴翔閣 日本の夏じたく展
    0

      23日、最終日の土曜日とあって、賑っていた。

      sachiさんのお知り合いのcocoon西川晴恵さんの作品をまずは、拝見。
      ネパールのヘンプ、アローの糸で織られた力強い印象を受ける。



      久しぶりに染織iwasakiさん夫妻にもお会いできた。
      銀河シルクを実際に触れてみた。
      以前からいいなぁと見ていた「吉野の帯」はより細い糸で織られていて、
      やっぱり素敵。。。



      織りのオーダー注文を受ける作家さんや、墨絵の手描きのからむしの着物。
      秩父銘仙。刺繍。
      塗りもの、焼き物、硝子、和紙、と見ごたえがあり。



      それぞれの作り手の方とのふれあいのなかで、作品を手に取ることが出来る
      幸せがありました。

      あら、三渓園の鷺は、船に乗ってるのね。。。




      | 日記 | 22:11 | comments(2) | trackbacks(0) |
      咽頭痛
      0


        昨夜より、のどが痛くなってきた。
        これはまずい。。。

        自分でルゴールを塗っちゃう方もいらっしゃるが、私は無理。
        朝は、ハスキーボイスに。
        ますます、まずい。

        昼食後、葛根湯を飲んで休む。
        夕方、宅配で起こされる。
        咽に薬を塗ってもらおう〜。と、近所の耳鼻咽喉科を受診。
        ドクターはやさしく咽を消毒してくれた。吸入で仕上げ。
        940円也。



        調子の悪いときの食べ物は、柔らかいものがよく思える。
        堅いおせんべいとかは、元気なときにバリバリ食べたい。
        そんなわけで、小豆入り蕨餅。
        優しい味。

        午後6時でも明るい。
        こんなに陽が長くなってたんだ…そんなことに気がついた。
        沖縄が入梅。
        | 日記 | 22:09 | comments(2) | trackbacks(0) |
        有松絞り実演
        0


          今日と明日、有松絞りの実演が見られる。

          ジェイアール名古屋タカシマヤ10階 きものサロンにて
          午前11時から午後5時まで。

          絞り手さんは、気さくな方です。
          青花で印をつけたところを絞っていきます。



          鹿の子絞り 横引き

          一粒、一粒の絞りは、こんなふうに作られていくのですね。

          | 日記 | 20:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
          蜜柑の花咲く
          0


            久しぶりにfatomataさん宅へ、お邪魔しました。

            どこからともなくよい香りが漂ってきました。
            見渡すと、蜜柑の花が咲いています。

            マロニエの花も。



            子育てには、とてもよい環境。
            fatomata坊やたちは、元気いっぱい!!!

            「見て!見て!」と梅の木に登りはじめました。



            「えー!もう帰るの?」
            「ご飯食べていかないの?」
            「明るいうちに帰るの?」

            なかなか社交的です。
            次回、梅の実る頃にお邪魔する約束をして、お暇する。

            子育てには、よい環境を選ぶことも、とても大切。
            上手に育てていらっしゃるfatomataさん。
            いつも感心します。



            とてもよい香りの花が咲いた蜜柑の木は、八朔でした。
            「ちょっと、酸っぱいのよ。。。」とfatomataさん。

            今の蜜柑は、みんな程よく甘くてよいのだけれど、
            昔の夏蜜柑は、とても酸っぱくて…。
            砂糖をかけて食べていた祖母を思い出しました。

            蜜柑の花咲く丘♪
            皆さんの思い出は?


            | 日記 | 23:07 | comments(4) | trackbacks(0) |
            葛根湯
            0


              新緑の爽やかな頃なのに、ちょっと熱っぽい。。。

              ここのところ、早く休んでいるんだけれどねぇ。。。

              今日は、葛根湯を飲んで、早く休もう。
              | 日記 | 20:41 | comments(3) | trackbacks(0) |
              やわらかい鉛筆
              0
                先日の友禅教室では、鯱鉾の帯の色挿しが完了!!!
                来月は、仕上げの予定。
                秋には、デビュー! 楽しみ〜です。



                さて、その友禅教室にて下絵を描いていた方の鉛筆が、やわらかい〜!
                もともと、楽譜をかくための鉛筆。
                力を入れずにサラサラと音符を書いていくのに、丁度良い柔らかさ。



                ヘェ〜!!!
                力が入らないのが、気持ち悪い〜!と、皆が手にしてみた。

                Tシャツやハイネックに柄の下絵を描くためには、ピッタリかも。
                いいねぇ〜。。。

                親切なその方が、一本、新しいのを下さいました。
                有り難うございます。

                さあ、今度は、Tシャツにどんな柄を描こうかなぁ ♪
                | 日記 | 22:48 | comments(2) | trackbacks(0) |
                東照宮祭 舞楽
                0

                  着物でお出かけの夜の部
                  帰りの方角が一緒の方たちと、名古屋市丸の内にあります東照宮へ。

                  名古屋東照宮の起源は、初代藩主・徳川義直(家康の第九子)が、
                  父家康の三回忌に大祭を行い、名古屋城三之丸に東照宮を創建。
                  戦災により本殿焼失したが、義直の妻・春姫の霊廟を移築して社殿とする。
                  東照宮祭は戦前までは「名古屋祭」と呼ばれて、今の名古屋祭の起源といわれています。
                  前日祭の16日は、朱塗舞台にて舞楽神事が奉納(観覧無料)。


                  打球楽(だきゅうらく)



                  東照宮雅楽部による舞楽目録をみて、解説を読んで、拝見する。
                  次第に辺りが暗くなって、最後の演目の頃には少し冷えてきた。


                  陪臚(ばいろ)            間近で、鳳笙・篳篥・龍笛を聴く


                  陵王(りょうおう)

                  格好いい!と思いました。
                  特に「陵王(りょうおう)」

                  知る人ぞ知るという感じの前日祭は、穴場でした。




                  | 日記 | 22:14 | comments(2) | trackbacks(0) |
                  着物でお出かけしました 岐阜金華・川原町
                  0

                    日傘がいるくらいのよいお天気になりました!

                    名古屋から10名・岐阜から2名 合計12名で、
                    「着物〜はごろも」の着物でお出かけを楽しみました。
                    JR岐阜駅からバスに乗り、長良橋で下車。
                    「今昔庵」までをゆっくり川原町のお店を覘きながら歩く。



                    うちわやさんでは、水うちわの制作中。
                    乾かす工程にはいっていて、まだ売りに出されるのはもう少し後だそう。
                    ミニうちわが人気!でした。

                    「今昔庵」にてランチ。
                    お染さんの型染め作品展をみて
                    型染めの工程などの説明を伺う。



                    半襟は、あいかわらず人気!です。
                    帯が欲しいねぇ。。。
                    どの柄がよいかしら???などと、お好みの柄探し。



                    そして、蔵のなかで、藍のコレクションとともに
                    松岡未紗先生のお話を伺いました。


                     
                    やっぱり、盛りだくさんです!
                    三時のお茶の時間には、スイーツで一息いれて…と。

                    すると特別に、松岡未紗先生が、
                    陣羽織とラシャのマントを見せてくださいました。
                    皆、それぞれ興味深く拝見いたしました。
                    松岡未紗先生が『よかった、皆さんに見てもらえて。良かったね』って、
                    装束をよしよしと撫でるような感じで仕舞われたことが印象に残りました。
                    てとらさんの日記にも同じようなことが書かれており、
                    衣に対する想い、その衣に関わったさまざまな人の想いを
                    松岡未紗先生の言葉から、それぞれ感じ取ったようでした。

                    三十数年前に「余命五年」といわれた先生。
                    その後のお話を伺うと「衣の神様」に新たに使命を頂いたようだと感じる。
                    こうして、お会いできたことに感謝を致します。
                    まだまだ、お元気でいてくださいね!教えて頂くことがいっぱいで!!!
                    私の岐阜通いは、続きそうです。

                    参加の皆さんの薄物のコートの後姿

                    藤の花の帯・形見の藍の洋服・てとらさんオススメ「枝豆まんじゅう」


                    | 日記 | 11:37 | comments(5) | trackbacks(0) |
                    カーテン日和
                    0
                      お花見日和が続いています。
                      もちろん、洗濯日和でもあるので、ガンガン洗濯機をまわしました。

                      それからもうひとつ、今日は「カーテン日和」



                      引越しをされた方から、レースのカーテンを頂きました。
                      南の窓のレースが破れてきた、と話したら、
                      捨てようと思ったけどもらってくれる?と言われ、降ってきました。
                      ラッキー!
                      手幅ひとつ分、長かったので吊るしてからチクチクと縫いました。



                      北向きの窓のレースも破れてきていたので、
                      こちらは「呉味の市」でみつけた川島織物セルコンのカーテンハギレを縫い
                      突っ張り棒に通しました。



                      そして、西の出窓。
                      ここには、蚊帳を吊るしました。
                      今日は、外に干したので、蚊帳がお日様の匂いがします。
                      これだけ暖かくなってくると、例のヤツが出てきます。
                      池の側なので、先手を打って、これで安眠!



                      そうそう、取り換えたレースのカーテン。
                      そのまま捨てては申しわけないので、アクリルたわしの代わりにしようと
                      作ってみた。
                      まだ、試してはいない。。。。



                      お風呂場のシャワーカーテンも洗い、こざっぱり。
                      なかなか掃除できないお風呂場の窓と洗濯機の上の小さい窓も
                      きれいになりました。

                      レースカーテンがリニューアル!
                      「カーテン日和」でした。


                      | 日記 | 21:47 | comments(4) | trackbacks(0) |
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << October 2020 >>
                      RECOMMEND
                      四季旬菜100選
                      四季旬菜100選 (JUGEMレビュー »)
                      木村 惠一
                      まず写真が美しい。勢いがある。そそられる。
                      旬のものには、エネルギーがあるのが伝わってくる。
                      一首添えられて、語られる文章は簡潔だが奥深い。
                      「つくし」からはじまるのも嬉しくなった。
                      どこからでも読み始められる気ままさもよい。
                      手元に置いて、時々眺めたい一冊。

                      RECOMMEND
                      ハイライトで読む 美しい日本人
                      ハイライトで読む 美しい日本人 (JUGEMレビュー »)
                      齋藤 孝
                      嬉しくなりました。
                      ついひと昔まであった愛すべき、美しい日本人のあり方に触れることができたから。
                      忘れ去られていたことが、なーんだ!ほんとはそうだったんだ!
                      と明るい発見があるものでした。
                      日本人のアイデンティティを考える時におすすめの一冊です。
                      RECOMMEND
                      聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技
                      聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技 (JUGEMレビュー »)
                      原田 紀子
                      着物が仕事着として機能的であることを知る貴重なお話。またぎの装束・たたら着・白衣・日常の中の着物。一番関心をもったのは「着物の手入れと再生」
                      その中で、夢蔵の鈴木さんの記事を発見!!!著者の聞き書きの幅の広さに感心致しました。
                      RECOMMEND
                      安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて
                      安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて (JUGEMレビュー »)
                      安藤 明子
                      家庭をもち、子育てをしながら根付いた「サロン」
                      慈しみ大切にする気持ちが伝わってきます。
                      安藤さんのサロンはきものに通じるものがあります。
                      「ギャルリ百草」にて安藤さんにお会いして、彼女のことをもっと知りたくて・・・
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE