着物〜はごろも

着物暮らしの徒然日記
着物まわりの人・もの・事柄
<< 夏きもの | main | 国立能楽堂コレクション >>
オハナ〜今昔庵〜ナガラガワ・フレーバー
0
    最近は岐阜に御縁があるようで、16日に出かけてきた。
    岐阜駅にお染さん、さっちゃんが迎えに来てくれた。

    まずは、お染さんオススメの「オハナ」
    各務原市にあるオーガニック&べジのカフェでランチ。


    お染さんの洋服は、ご自身で染めたものです。


    さっちゃんとオハナの店内にて

    先月にお染さんのところでお世話になってから、
    気をつけて食事はよく噛んで食べることを心がけている。



    そして、蝉の羽のような着物を見せていただきたくて今昔庵へ。
    松岡未沙氏のお祖父様のものを仕立て直した着物。
    シャリ感があり、とても軽く、そして亀甲が綺麗で細かいこと!!!



    京都の嵐山電鉄にその着物をきて、松岡さんが乗っていたら、
    「あなた、自分がどうゆう着物を着ているか、わかってらっしゃるの。」と
    いう意味のことを、もちろん、京都弁で言われたそう。
    「はぁ。。。」と小さくなっていたと、お話してくださった。

    松岡さんは、沖縄の綿の絣の作務衣をお召しでした。
    細かめの絣が良い感じ。
    この反物を着物でなく、いきなり作務衣のされたあたりが恐れ入った。
    お母様が卒倒しそうになったと、笑って仰っていたが…。
    そりゃあ、そうでしょ。。。
    そして、もうひとつのエピソードは、
    「白洲正子のきもの」P24.25をご覧になられると、驚きます。



    ほんとにお会いするたびに盛りたくさんな着物にまつわるお話と共に
    実物を拝見させて頂けることが嬉しくて。
    私の岐阜通いは続くでしょう。



    そして、科の繊維も拝見。科の木の皮を剥いだものを糸にするのです。
    どうして、私が科布の帯を締めていくことがわかったのかしら?
    と思うくらい、タイムリーなものを見せて下さる。



    芭蕉布は着物でなくて、色々な芭蕉布でつくられた洋服でした。
    沖縄の気候に合った布で、おはしょりをつくるものではないと、
    平良敏子さんのお話を教えてくださった。
    梅雨時に虫干しするといわれる芭蕉布。
    乾燥すると、糸が弱ってしまう。
    やはり、沖縄で着られるのが相応しい布なのかもしれない。

    極めつけは、ざざんさ織り。
    これについては、また後日にまとめたい。

    最後に「ナガラガワ・フレーバー」へ。
    長良川のほとりの新しいお店です。




    | 日記 | 01:41 | comments(2) | trackbacks(0) |
    コメント
    楽しい1日でした♪
    例の反物をキモノに仕立てて
    また今昔庵に集いたいですね〜♪
    | さっちゃん | 2009/07/18 10:28 PM |
    さっちゃんさま☆
    はい。是非そうしましょう。
    楽しい時間をありがとう〜!
    | トビウオ | 2009/07/18 11:19 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kimono-hagoromo.com/trackback/864867
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    RECOMMEND
    四季旬菜100選
    四季旬菜100選 (JUGEMレビュー »)
    木村 惠一
    まず写真が美しい。勢いがある。そそられる。
    旬のものには、エネルギーがあるのが伝わってくる。
    一首添えられて、語られる文章は簡潔だが奥深い。
    「つくし」からはじまるのも嬉しくなった。
    どこからでも読み始められる気ままさもよい。
    手元に置いて、時々眺めたい一冊。

    RECOMMEND
    ハイライトで読む 美しい日本人
    ハイライトで読む 美しい日本人 (JUGEMレビュー »)
    齋藤 孝
    嬉しくなりました。
    ついひと昔まであった愛すべき、美しい日本人のあり方に触れることができたから。
    忘れ去られていたことが、なーんだ!ほんとはそうだったんだ!
    と明るい発見があるものでした。
    日本人のアイデンティティを考える時におすすめの一冊です。
    RECOMMEND
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技 (JUGEMレビュー »)
    原田 紀子
    着物が仕事着として機能的であることを知る貴重なお話。またぎの装束・たたら着・白衣・日常の中の着物。一番関心をもったのは「着物の手入れと再生」
    その中で、夢蔵の鈴木さんの記事を発見!!!著者の聞き書きの幅の広さに感心致しました。
    RECOMMEND
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて (JUGEMレビュー »)
    安藤 明子
    家庭をもち、子育てをしながら根付いた「サロン」
    慈しみ大切にする気持ちが伝わってきます。
    安藤さんのサロンはきものに通じるものがあります。
    「ギャルリ百草」にて安藤さんにお会いして、彼女のことをもっと知りたくて・・・
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE