着物〜はごろも

着物暮らしの徒然日記
着物まわりの人・もの・事柄
<< 取れたて野菜 | main | 夏きもの >>
着物でお出かけ 椙山
0


    2009年7月13日(月)
    椙山大学オープンカレッジ 十二単の最終講座を見学。

    十二単・束帯のお服上げに始まり、蛮絵装束、雅楽の演目は舞楽「登天楽」
    と進みました。最後は、写真撮影。

    今回は、十二単の後衣紋者を務めさせていただきました。
    そのため、皆さんとご一緒にというわけにいかず、
    初めて参加して頂いた方には、最後のご挨拶も出来ずに失礼致しました。

    この日の名古屋は、34度。
    大会議室は冷房が入っているのですが、袿袴着姿での衣紋は汗だく。
    前衣紋者のKさんと息を合わせることを心がけました。




    練習のときよりは、本番の方がよかったかな。。。
    お方さまは、今回の受講生。
    初めての体験でしたが、あまり汗をかかないそうで、助かりました。



    初めて見学された方から、「手さばきなどの所作が美しかった」と。
    「おくりびと」を思い出された、とお話くださいました。
    所作のことはお稽古の時から、まず心かけるポイントなのです。
    きちんと見てくださって、ありがとうございます。



    前衣紋者のKさんは、日々鍛錬されていらっしゃるので本番に現れますね。
    私は、反省する点がいくつかあり、冷や汗も…。
    これからのお稽古に活かしていきたいです。



    先輩方は、束帯、蛮絵装束を 静かにこなされていきました。
    裏付けにて、3名の蛮絵装束も仕上がり、初めて拝見する舞楽「登天楽」
    4名がゆったりとした動きを息を合わせて舞う。
    装束の美しさも重なって、雅やかな時に暑さを忘れておりました。



    終了後、お茶をされる方は、ゴブリンカフェへ移動。
    私は、片付けを終えて駆けつけ、イチジクタルトを頂きました。



    参加してくださった方々は、ほとんど初顔合わせでしたが、
    そこは着物が好きな方ばかり。
    楽しくお話が進みましたが、雲行きが怪しく…。
    慌てて帰り支度。とうとう雨が降り出しました。

    あちゃ…。レースの日傘は役に立たない…。
    すると、ビニール傘をお店の方が貸してくださいました。
    感謝。

    帰り道
    南は、雨が降っておりませんでしたよ。



    ご参加の皆様、暑いところお疲れ様でした。

    次回の「着物でお出かけ」は11月8日(日)南知多を予定しております。
    着物でお出かけには、丁度良い季節です。
    詳しくは、改めてお知らせいたします。




    | 装束 | 23:46 | comments(4) | trackbacks(0) |
    コメント
    このたびは椙山でのオープンカレッジにおいて、
    十二単の講座ではお世話になりました。
    皇室と関わりがある故、厳粛なお作法に
    改めて衣紋道の奥深さを感じました。
    蛮絵装束や舞楽といった、普段見ることが
    できないものも拝見でき、
    貴重な時間を過ごさせていただきました。
    ご指導いただきましたK先生にもよろしくお伝えくださいませ。
    ありがとうございました。
    | なかむら | 2009/07/15 9:31 PM |
    なかむらさま☆
    こちらこそ、ありがとうございました。
    なかむらさまとは、あまりお話する機会がありませんでしたが、熱心な方だという印象を受けておりました。

    写真の件は、こちらも手配してかづらさんよりご連絡いたしますね。
    | トビウオ | 2009/07/16 8:32 AM |
    貴重な素晴らしい一日を過ごされましたね。
    私も行きたかったです。

    お写真を一部お借りします。私のブログにも載せさせてくださいね。永遠のJガール http://tsujiran.laff.jp/1/

    11月の知多にはぜひ参加させていただきたいと思っています。
    | 永遠のJガール | 2009/07/16 9:51 AM |
    永遠のJガールさま☆
    はい。よい経験をさせて頂きました。
    ブログ掲載ありがとうございます。

    11月は是非!お会いできることを楽しみにしております。
    名古屋を10時半集合の予定です。
    東京から日帰りも可能なプランかと思います。
    | トビウオ | 2009/07/16 11:37 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kimono-hagoromo.com/trackback/863550
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    RECOMMEND
    四季旬菜100選
    四季旬菜100選 (JUGEMレビュー »)
    木村 惠一
    まず写真が美しい。勢いがある。そそられる。
    旬のものには、エネルギーがあるのが伝わってくる。
    一首添えられて、語られる文章は簡潔だが奥深い。
    「つくし」からはじまるのも嬉しくなった。
    どこからでも読み始められる気ままさもよい。
    手元に置いて、時々眺めたい一冊。

    RECOMMEND
    ハイライトで読む 美しい日本人
    ハイライトで読む 美しい日本人 (JUGEMレビュー »)
    齋藤 孝
    嬉しくなりました。
    ついひと昔まであった愛すべき、美しい日本人のあり方に触れることができたから。
    忘れ去られていたことが、なーんだ!ほんとはそうだったんだ!
    と明るい発見があるものでした。
    日本人のアイデンティティを考える時におすすめの一冊です。
    RECOMMEND
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技 (JUGEMレビュー »)
    原田 紀子
    着物が仕事着として機能的であることを知る貴重なお話。またぎの装束・たたら着・白衣・日常の中の着物。一番関心をもったのは「着物の手入れと再生」
    その中で、夢蔵の鈴木さんの記事を発見!!!著者の聞き書きの幅の広さに感心致しました。
    RECOMMEND
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて (JUGEMレビュー »)
    安藤 明子
    家庭をもち、子育てをしながら根付いた「サロン」
    慈しみ大切にする気持ちが伝わってきます。
    安藤さんのサロンはきものに通じるものがあります。
    「ギャルリ百草」にて安藤さんにお会いして、彼女のことをもっと知りたくて・・・
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE