着物〜はごろも

着物暮らしの徒然日記
着物まわりの人・もの・事柄
<< スマイル弁当 | main | ミニ団扇 >>
十二単4回目の講座〜楽布
0
    4回目の講座は、唐衣(からぎぬ)裳(も)まで。
    とにかく時間が足りないので、
    五衣(いつつぎぬ)は二の衣もしくは三の衣までとする。
    打衣(うちぎぬ)表着(うわぎ)、そして唐衣、裳まで着けました。

    さて、来週(7月13日)5回目の講座は、大会議室にて、
    十二単、束帯のお服上げと、蛮絵装束(ばんえいしょうぞく)が、
    見学できます。
    トビウオは、十二単の後衣紋者を務めます。
    詳しくは、info@kimono-hagoromo.com までお問い合わせください。

    丸の内に立ち寄り、今池「楽布」さんへ。
    二本目の紙布の日傘が出来上がっていた。



    糸が足りず、絡んだ糸を丁寧に解いて織り上げた布と伺っていたので、
    より愛着が湧きますね。
    柴犬のたろ吉君と同じ色ですね。



    もう次の作品が、機にかかっていました。
    綺麗な糸は、インドのサリーから作られたもの。
    この楽しい布は、どんな形になるのかしら?



    「楽布」のsachiさんは、魔法の手を持っていらっしゃるのですね。
    たのしみです。



    お散歩に行きたい柴犬のたろ吉君


    | 日記 | 00:03 | comments(2) | trackbacks(0) |
    コメント
    アラーたろ吉までも・・・

    いつもお立ちよりくださってありがとうございます。
    毎回お着物が新鮮ですよ・・

    私も夏着物着たいけど、いつもお店くるのにバタバタで
    最近のずぼらな性格が普段に着物から遠ざかってしまっています。

    心落ち着けて・・・夏着物着れるようにしますね!!

    トビウオさんのお誉めのお言葉でやる気も出ます。
    ありがとう!!
    | sachi | 2009/07/07 10:31 PM |
    sachiさま☆
    名古屋の夏は蒸し暑いですからね〜。

    私は、大きな箱の中にいますので、冷房対策には着物は、
    もってこいなんです。
    休みに、たまに洋服だとお腹と腰周りがスースーします。
    以前は、腹巻がいるくらいでしたもの。

    こちらこそ、いつも思いつきで突然お邪魔しています。
    その都度、何か出来上がっていたり、取り掛かっていたり、
    sachiさんの創作意欲には、いつも感心しています。
    | トビウオ | 2009/07/07 11:57 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kimono-hagoromo.com/trackback/859622
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    RECOMMEND
    四季旬菜100選
    四季旬菜100選 (JUGEMレビュー »)
    木村 惠一
    まず写真が美しい。勢いがある。そそられる。
    旬のものには、エネルギーがあるのが伝わってくる。
    一首添えられて、語られる文章は簡潔だが奥深い。
    「つくし」からはじまるのも嬉しくなった。
    どこからでも読み始められる気ままさもよい。
    手元に置いて、時々眺めたい一冊。

    RECOMMEND
    ハイライトで読む 美しい日本人
    ハイライトで読む 美しい日本人 (JUGEMレビュー »)
    齋藤 孝
    嬉しくなりました。
    ついひと昔まであった愛すべき、美しい日本人のあり方に触れることができたから。
    忘れ去られていたことが、なーんだ!ほんとはそうだったんだ!
    と明るい発見があるものでした。
    日本人のアイデンティティを考える時におすすめの一冊です。
    RECOMMEND
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技 (JUGEMレビュー »)
    原田 紀子
    着物が仕事着として機能的であることを知る貴重なお話。またぎの装束・たたら着・白衣・日常の中の着物。一番関心をもったのは「着物の手入れと再生」
    その中で、夢蔵の鈴木さんの記事を発見!!!著者の聞き書きの幅の広さに感心致しました。
    RECOMMEND
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて (JUGEMレビュー »)
    安藤 明子
    家庭をもち、子育てをしながら根付いた「サロン」
    慈しみ大切にする気持ちが伝わってきます。
    安藤さんのサロンはきものに通じるものがあります。
    「ギャルリ百草」にて安藤さんにお会いして、彼女のことをもっと知りたくて・・・
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE