着物〜はごろも

着物暮らしの徒然日記
着物まわりの人・もの・事柄
<< 六月の今昔庵 | main | つゆくさの半襟 >>
お染さんちへ
0
    昨年12月に引越しをされたお染さん。
    今昔庵を後にして、そのお宅へお邪魔した。

    栗林を抜け、畑付きの古民家へ。蔵付き。
    小さな川も流れていて、水の流れる音も心地よい。
    見渡すと、梅、冥加、柿、枝垂れ桜、木蓮…。



    昨日は、その梅の実を取り、梅エキス作りをされたと聞き、味見。
    すっぱいのなんの。
    梅の種を取りミキサーにかけ、鍋で5時間火にかけ煮詰めていく。
    庭で薪焚いて、お友達が参加してギターや太鼓を叩いてにぎやかだったと。
    畑仕事も全部一人ではできないけれど、いろんな人が手伝ってくれて、
    有り難い、とお染さん。
    それは、お染さんの人柄や、と思いますよ。



    二階はリフォームして、ベットルームとゲストルーム
    長い作品が、張れるようにもしてあります。
    これからの作品つくりが楽しみです。



    年季が入った瓶と挟み
    何だかわかりますか?
    お手洗いを借りたときに、10cmくらいのムカデが現れました。
    その2点セットを手にしたお染さん。
    すばやく挟みで捕まえ、瓶の中へ。

    「コツはね、気配を消して、すばやくつかむこと。」
    気配を消すとは、クノイチの技???

    「これには、油派と焼酎派があるの。私は油。」
    油???
    ムカデを漬けておく液のこと。
    ムカデに刺された時は、この瓶の液をつけると治るそうです。
    そりゃあ、ムカデのエキス入りだものねぇ。

    「昨夜も小さいムカデに刺された人がつけたよ〜。」
    ちなみにお染さんのこの瓶は、17年もの。
    何匹のムカデが瓶の中で溶けていったのだろう。。。

    朝は調子が悪くて、用件を済ませたら帰らないと、と考えていたけれど
    空気の良い山里にて、のんびりさせてもらい、お泊りすることに。

    外が明るいうちに、玄米菜食の夕食をゆっくりよく噛んで頂き、
    10時間は、ぐっすり休ませてもらいました。
    こんな可愛いお布団をお借りいたしました。



    海育ちなので、家の窓から山が見えるのって新鮮!



    自然を感じながらの暮らし。
    良い環境を選んで引越しをされたお染さん。
    物作りをされる方は特に、環境を選ぶのでしょうね。
    私も生活ができるのなら、自然を感じられる暮らしがしたいです。
    大きな箱の中に閉じ込められて、空も見えないところにいると、
    つくづく自分の身を置く環境はこれでいいのかと、考えます。

    そんなことを感じて帰ってきたら、
    友人が夢の古民家を見つけ、夏の終わりには引っ越すとのお知らせ。
    おめでとうこざいます。

    それぞれが、みな自分に相応しい場所を見つけていくね。



    | 日記 | 00:42 | comments(2) | trackbacks(0) |
    コメント
    またお風邪ですか?
    いい空気の中でゆっくり休んで
    元気をもらいましたか?
    お客様商売では風邪の素をもらうことも
    多いかもしれませんね。
    せめて自然の良いものをしっかり食べて
    英気を養ってください。
    | うまこ | 2009/06/28 11:33 PM |
    うまこさま☆
    はい。
    しつこい風邪菌が蔓延っているようです。
    同じような咳をしている人を同じフロアーで見かけます。
    いけませんね。

    食事は、気をつけてよく噛んで頂くようになりました。

    もうそろそろすっきりとしたいです。
    | トビウオ | 2009/06/29 10:23 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kimono-hagoromo.com/trackback/855228
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    RECOMMEND
    四季旬菜100選
    四季旬菜100選 (JUGEMレビュー »)
    木村 惠一
    まず写真が美しい。勢いがある。そそられる。
    旬のものには、エネルギーがあるのが伝わってくる。
    一首添えられて、語られる文章は簡潔だが奥深い。
    「つくし」からはじまるのも嬉しくなった。
    どこからでも読み始められる気ままさもよい。
    手元に置いて、時々眺めたい一冊。

    RECOMMEND
    ハイライトで読む 美しい日本人
    ハイライトで読む 美しい日本人 (JUGEMレビュー »)
    齋藤 孝
    嬉しくなりました。
    ついひと昔まであった愛すべき、美しい日本人のあり方に触れることができたから。
    忘れ去られていたことが、なーんだ!ほんとはそうだったんだ!
    と明るい発見があるものでした。
    日本人のアイデンティティを考える時におすすめの一冊です。
    RECOMMEND
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技 (JUGEMレビュー »)
    原田 紀子
    着物が仕事着として機能的であることを知る貴重なお話。またぎの装束・たたら着・白衣・日常の中の着物。一番関心をもったのは「着物の手入れと再生」
    その中で、夢蔵の鈴木さんの記事を発見!!!著者の聞き書きの幅の広さに感心致しました。
    RECOMMEND
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて (JUGEMレビュー »)
    安藤 明子
    家庭をもち、子育てをしながら根付いた「サロン」
    慈しみ大切にする気持ちが伝わってきます。
    安藤さんのサロンはきものに通じるものがあります。
    「ギャルリ百草」にて安藤さんにお会いして、彼女のことをもっと知りたくて・・・
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE