着物〜はごろも

着物暮らしの徒然日記
着物まわりの人・もの・事柄
<< 十二単3回目の講義〜楽布 | main | お染さんとランチ「山帰来」 >>
保多織りの着物
0
    今日は大安。出来上がった保多織りの初おろしに相応しい。
    そして、今日の名古屋は30度を越えて蒸し暑い。

    保多織りの生地を触って、気持ちいいと感じて、着物をつくってみました。
    袖を通してみたら、いい感じ!
    皺が気になるかしら?と、様子をみていましたが、
    思ったより気になりません。



    一日仕事で着て、撮影しました。

    リピーターが多いと聞いておりましたが、着てみるとわかります。

    ポリエステルの着物なら蒸れて暑い〜!(昨日)というところが、
    綿レースの着物で、衿周りが汗かいてる〜!(昨昨日)というところが、
    保多織りでは、あれ、さらっとして気持ちいい!

    やっぱり、着てみないとわからないことってありますね。
    あ〜、全国の織物を着てみたい野望がむくむくと…。
    野望が叶う資金が入りますように。
    なんなら現物がそのまま手に入るというのでもいいですよ〜!

    話が逸れました。
    保多織りです。

    この気持ちよさなら、今度はシーツ&パジャマを狙いたいです。
    以前から欲しいと思っているのは、保多織りの足袋。
    薄い生地で襦袢も作りたくなりました。

    保多織りの岩部さんが名古屋にお見えになるのは、一月の伝統展。
    来年も来て下さいね!
    今から、色々考えておこう。



    トビウオの帯を合わせてみました。

    岩部さんが手渡してくれた保多織りのハギレのおかげて、
    保多織りを手に入れ、さらっとした気持ちの良い着物が出来上がりました!
    感謝します。
    一度、香川県高松にいってみたいです。


    いい一日でした。
    感謝。
    | 着物コーディネート | 23:45 | comments(2) | trackbacks(0) |
    コメント
    いい色合いと雰囲気ですね!
    保多織りは実際買おうと思っても
    イマイチ柄を決めかねていました。
    とても普段着的な感じがすると思ったからです。
    この柄は初めて見ました。
    同じ手で茶色いのはありますが、
    これも見本にありますか?

    それとトビウオ帯、さすがですね。ステキです。
    | うまこ | 2009/06/24 10:07 PM |
    うまこさま☆
    ありがとうございます。
    この柄は、今年の伝統展にて岩部さんから
    息子さんが手がけたものだ、と手渡されました。

    他の柄と見比べましたが、うまこさんと同意見。
    あまり普段着すぎても、仕事場にもそぐわないので。

    六月の単衣に相応しい柄ですね。
    間に合ってよかった〜!
    | トビウオ | 2009/06/26 7:57 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kimono-hagoromo.com/trackback/853023
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    RECOMMEND
    四季旬菜100選
    四季旬菜100選 (JUGEMレビュー »)
    木村 惠一
    まず写真が美しい。勢いがある。そそられる。
    旬のものには、エネルギーがあるのが伝わってくる。
    一首添えられて、語られる文章は簡潔だが奥深い。
    「つくし」からはじまるのも嬉しくなった。
    どこからでも読み始められる気ままさもよい。
    手元に置いて、時々眺めたい一冊。

    RECOMMEND
    ハイライトで読む 美しい日本人
    ハイライトで読む 美しい日本人 (JUGEMレビュー »)
    齋藤 孝
    嬉しくなりました。
    ついひと昔まであった愛すべき、美しい日本人のあり方に触れることができたから。
    忘れ去られていたことが、なーんだ!ほんとはそうだったんだ!
    と明るい発見があるものでした。
    日本人のアイデンティティを考える時におすすめの一冊です。
    RECOMMEND
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技 (JUGEMレビュー »)
    原田 紀子
    着物が仕事着として機能的であることを知る貴重なお話。またぎの装束・たたら着・白衣・日常の中の着物。一番関心をもったのは「着物の手入れと再生」
    その中で、夢蔵の鈴木さんの記事を発見!!!著者の聞き書きの幅の広さに感心致しました。
    RECOMMEND
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて (JUGEMレビュー »)
    安藤 明子
    家庭をもち、子育てをしながら根付いた「サロン」
    慈しみ大切にする気持ちが伝わってきます。
    安藤さんのサロンはきものに通じるものがあります。
    「ギャルリ百草」にて安藤さんにお会いして、彼女のことをもっと知りたくて・・・
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE