着物〜はごろも

着物暮らしの徒然日記
着物まわりの人・もの・事柄
<< うちのぬか漬け | main | あけび蔓の下駄・着物&洋服にも >>
朝顔の帯留め
0

    シックな市松の織り地の夏帯。
    たれ先に 一輪の朝顔。

    前帯に何かアクセントになるものは?と相談を受けました。
    大人の朝顔の帯留めを、創作木彫小物製作たかさんにオーダーメイド。
    ちょうど十二月の椿と同じように、二色の木を接いで花と葉を合体。
    花は中南米のパープルハート、葉は南米のパルサント。
    手間がかかる仕事です。



    白っぽい三分紐にしてみると、落ち着いた雰囲気。
    三分紐の色を変えると、白系の帯にも似合います。

    夏本番にむけて活躍しますので、喜んでいただけました。
    ぜひ、着姿を拝見したいと思います。
    | 着物コーディネート | 00:23 | comments(5) | trackbacks(0) |
    コメント
    ステキな朝顔の帯ですね。
    色がいいですね。
    私もまた麻布に朝顔でも描いて帯にしてみようかしら。
    | うまこ | 2009/06/18 11:52 PM |
    うまこさま☆
    麻布に描く夏帯〜!素敵〜!!!
    まだ見ても無いのに、想像してしまいましたよ。
    | トビウオ | 2009/06/19 12:36 AM |
    すごい素敵ですねぇ〜帯も帯留めも私好みです。あけび蔓の草履もそうでしたが、トビウオさんのお召しになっているお着物も小物もみんな欲しくなちゃうものばかり。トビウオさんならではのセンスが光っていますね。
    | N.I | 2009/06/22 10:43 PM |
    N.Iさま☆
    ありがとうございます。
    そして、主語が抜けており、失礼しました。

    相談して下さった方のお持ちの帯なんです。
    その方の了解を得て、載せさせて頂きました。
    朝顔の帯留めも。

    納めさせて頂き、喜んでいただきました。
    作られたたかさんも、橋渡しをさせていただいた私も
    皆が、喜べることが嬉しいですね。

    汲み取る力というのかしら。。。
    うまくいえないのだけれど、相手の方のこんな感じを…と、いう取っ掛かりをイメージで捉えて、形になったものを
    または、コーディネートを提案できたらと実践しています。

    N.Iさんとは、好きなツボが似ているのかしら?


    | トビウオ | 2009/06/22 11:07 PM |
    たびたびすみません。メールを書いたあと、うまこさんのメールをなんとなく読んでみると、トビウオさんのではないというのがわかったのですが。。。
    送信してしまったメールは訂正できない(笑)。わたしの方も理解不足ですみません。でもトビウオさんのブログでピックアップされている和物はみんなやっぱ素敵です。
    | N.I | 2009/06/23 12:00 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kimono-hagoromo.com/trackback/848924
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    RECOMMEND
    四季旬菜100選
    四季旬菜100選 (JUGEMレビュー »)
    木村 惠一
    まず写真が美しい。勢いがある。そそられる。
    旬のものには、エネルギーがあるのが伝わってくる。
    一首添えられて、語られる文章は簡潔だが奥深い。
    「つくし」からはじまるのも嬉しくなった。
    どこからでも読み始められる気ままさもよい。
    手元に置いて、時々眺めたい一冊。

    RECOMMEND
    ハイライトで読む 美しい日本人
    ハイライトで読む 美しい日本人 (JUGEMレビュー »)
    齋藤 孝
    嬉しくなりました。
    ついひと昔まであった愛すべき、美しい日本人のあり方に触れることができたから。
    忘れ去られていたことが、なーんだ!ほんとはそうだったんだ!
    と明るい発見があるものでした。
    日本人のアイデンティティを考える時におすすめの一冊です。
    RECOMMEND
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技 (JUGEMレビュー »)
    原田 紀子
    着物が仕事着として機能的であることを知る貴重なお話。またぎの装束・たたら着・白衣・日常の中の着物。一番関心をもったのは「着物の手入れと再生」
    その中で、夢蔵の鈴木さんの記事を発見!!!著者の聞き書きの幅の広さに感心致しました。
    RECOMMEND
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて (JUGEMレビュー »)
    安藤 明子
    家庭をもち、子育てをしながら根付いた「サロン」
    慈しみ大切にする気持ちが伝わってきます。
    安藤さんのサロンはきものに通じるものがあります。
    「ギャルリ百草」にて安藤さんにお会いして、彼女のことをもっと知りたくて・・・
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE