着物〜はごろも

着物暮らしの徒然日記
着物まわりの人・もの・事柄
<< 名古屋ヤミツキ酒場 | main | うちのぬか漬け >>
追っかけの柄合わせ着物
0


    先ほど自分撮りした今日の着物。

    着物の柄の合わせが「追っかけ」と呼ばれる格好よい系。
    単衣の着物がなくて、紬を二枚誂えたうちの一枚。

    「格好よいですね〜。」と言われると、
    格好よすぎちゃったかな。と今は思う一枚です。


    | 着物コーディネート | 21:41 | comments(4) | trackbacks(0) |
    コメント
    全身の姿が見てみたいですね。
    きっとステキでしょうね♪〜
    帯がまた涼しげでいいですね。
    紗の袋帯のようにも見えますね。
    帯締めも楽しくていいですね。
    | うまこ | 2009/06/15 11:13 PM |
    うまこさま☆
    いつも着物姿を上手に載せられていますが、
    三脚で撮影されるのですか?それともカメラマンの腕?

    だれか捕まえて、撮影してもらうのだけど、
    すっかり忘れてしまった日は、自分撮りです。
    全身撮れない。。。

    帯は、紗ではなくて単衣向きかな〜と、
    ワゴンセールで購入したものです。
    帯締めは、ポチポチついている水玉が、紅白なんです!
    白を表にしてみました。
    | トビウオ | 2009/06/17 1:13 AM |
    帯締めのぽちぽちかわいいなぁ、
    と思って見ていましたが
    なるほど、紅白になっているんですね。

    さて、自分の着物姿、
    タンスの引き出しに苦労してカメラを乗せて
    数少ない家の中の無背景の場所(押し入れの前)で
    セルフタイマー(10秒)で撮っています。
    カメラが左右や前後に傾いていたりして、
    いつも苦労しています。

    ミニ三脚(ゴリラポッド)を買ったら
    あるはずのねじが自分のカメラにはなくて
    使えず・・・・ざんねん。
    ケイタイ用の新製品ならいいか検討中です。
    | うまこ | 2009/06/18 11:39 PM |
    うまこさま☆
    タンスの引き出しに苦労してカメラを乗せて…とは思えないほど、綺麗に撮れていますよ。

    ご苦労があったのですねぇ。。。

    やっぱり、三脚を検討しないといけませんね。
    | トビウオ | 2009/06/19 12:20 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kimono-hagoromo.com/trackback/846927
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    RECOMMEND
    四季旬菜100選
    四季旬菜100選 (JUGEMレビュー »)
    木村 惠一
    まず写真が美しい。勢いがある。そそられる。
    旬のものには、エネルギーがあるのが伝わってくる。
    一首添えられて、語られる文章は簡潔だが奥深い。
    「つくし」からはじまるのも嬉しくなった。
    どこからでも読み始められる気ままさもよい。
    手元に置いて、時々眺めたい一冊。

    RECOMMEND
    ハイライトで読む 美しい日本人
    ハイライトで読む 美しい日本人 (JUGEMレビュー »)
    齋藤 孝
    嬉しくなりました。
    ついひと昔まであった愛すべき、美しい日本人のあり方に触れることができたから。
    忘れ去られていたことが、なーんだ!ほんとはそうだったんだ!
    と明るい発見があるものでした。
    日本人のアイデンティティを考える時におすすめの一冊です。
    RECOMMEND
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技 (JUGEMレビュー »)
    原田 紀子
    着物が仕事着として機能的であることを知る貴重なお話。またぎの装束・たたら着・白衣・日常の中の着物。一番関心をもったのは「着物の手入れと再生」
    その中で、夢蔵の鈴木さんの記事を発見!!!著者の聞き書きの幅の広さに感心致しました。
    RECOMMEND
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて (JUGEMレビュー »)
    安藤 明子
    家庭をもち、子育てをしながら根付いた「サロン」
    慈しみ大切にする気持ちが伝わってきます。
    安藤さんのサロンはきものに通じるものがあります。
    「ギャルリ百草」にて安藤さんにお会いして、彼女のことをもっと知りたくて・・・
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE