着物〜はごろも

着物暮らしの徒然日記
着物まわりの人・もの・事柄
<< 着物でお出かけ 7月13日 | main | 今日のおやつ >>
あんこ
0
    コトコト小豆を煮込んだお手間入りのあんこのおすそ分け。



    トーストしたパンにバターを塗ってあんこをのせて、
    あんトーストで頂きました。



    咳止め飴を一袋舐めちゃったけれど、まだ咳が残る。
    夏風邪は長引くとは聞いていたけれど…なかなかしつこい。

    このあんこで元気がでるかな。
    | 食べ物 | 23:13 | comments(4) | trackbacks(0) |
    コメント
    私の場合も、一旦咳の風邪になると
    しつこいので困ります。
    ヴェポラブを塗ったり夜マスクして寝たり
    とにかくなるべく咳をしないようにすると
    多少早く良くなる気がしますが
    それでも大事な時に咳き込んだりして困ります。
    そんなときは両鎖骨の間をぐりぐりやって
    無理矢理止めます。
    早く良くなると良いですね。
    | うまこ | 2009/06/06 11:23 PM |
    うまこさま☆
    >両鎖骨の間をぐりぐりやって…
    そんなふうに咳を止めるのですか???

    仕事柄、話をしてるときに咳が出てくると困るんですよね。
    といっても、急に目の前で鎖骨の間をグルグリするもの
    変な感じでしょうね。。。

    早く寝るに限るのですが…。
    | トビウオ | 2009/06/07 11:58 PM |
    鎖骨の間というのは
    わかりやすく表現できなくて苦肉の策ですが
    のどの下で骨との境の所です。
    ここなら首のあたりに手をやってるように見えて
    それほど変には思われないかも、です。
    あとはヴェポラブをハンカチなどの布に塗っておいて
    咳が出そうになったら、
    手で鼻や口のあたりを覆うようにして、
    それを嗅ぐとかは、いかがでしょうか。
    のど飴も良いですが、話の途中で舐めるわけにいかないし、
    一日に何個も舐めると口がおかしくなりそうですしね。
    | うまこ | 2009/06/09 10:22 PM |
    うまこさま☆
    なるほど、アドバイスありがとうございます。
    実は、日に何個も舐めていたんです。。。
    せき止め飴は意外にあっさりしていて大丈夫でしたが…。
    | トビウオ | 2009/06/09 10:44 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kimono-hagoromo.com/trackback/843969
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    RECOMMEND
    四季旬菜100選
    四季旬菜100選 (JUGEMレビュー »)
    木村 惠一
    まず写真が美しい。勢いがある。そそられる。
    旬のものには、エネルギーがあるのが伝わってくる。
    一首添えられて、語られる文章は簡潔だが奥深い。
    「つくし」からはじまるのも嬉しくなった。
    どこからでも読み始められる気ままさもよい。
    手元に置いて、時々眺めたい一冊。

    RECOMMEND
    ハイライトで読む 美しい日本人
    ハイライトで読む 美しい日本人 (JUGEMレビュー »)
    齋藤 孝
    嬉しくなりました。
    ついひと昔まであった愛すべき、美しい日本人のあり方に触れることができたから。
    忘れ去られていたことが、なーんだ!ほんとはそうだったんだ!
    と明るい発見があるものでした。
    日本人のアイデンティティを考える時におすすめの一冊です。
    RECOMMEND
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技 (JUGEMレビュー »)
    原田 紀子
    着物が仕事着として機能的であることを知る貴重なお話。またぎの装束・たたら着・白衣・日常の中の着物。一番関心をもったのは「着物の手入れと再生」
    その中で、夢蔵の鈴木さんの記事を発見!!!著者の聞き書きの幅の広さに感心致しました。
    RECOMMEND
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて (JUGEMレビュー »)
    安藤 明子
    家庭をもち、子育てをしながら根付いた「サロン」
    慈しみ大切にする気持ちが伝わってきます。
    安藤さんのサロンはきものに通じるものがあります。
    「ギャルリ百草」にて安藤さんにお会いして、彼女のことをもっと知りたくて・・・
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE