着物〜はごろも

着物暮らしの徒然日記
着物まわりの人・もの・事柄
<< フレスコ画 | main | 五月も終わり >>
横浜桜木町
0
    東京を後にして桜木町で待ち合わせ。 22日のことです。
    一時間遅れる。。。

    今年の年賀状に「大学に行きはじめた。」とあった。
    彼女は、何か新たなスタートをしたんだね!と久しぶりに会う。
    五つ年上のお洒落な彼女は、結婚して横浜に住んでいる。
    息子さんたちは、大学生。
    そして、ご自身も学生に!

    准看だったので、高看に、チャレンジをはじめた。
    もっと早くに、やっとけば良かったんだけどね。
    勉強をはじめてみると、面白くて!とキラキラしている。
    放送大学と専門学校に行き、高等看護婦の国家試験に臨む。
    時間が足りなくて、仕事の量を少し減らしてもらうようにお願いしたと。
    仕事も家事も勉強も家族のことも、頑張ってる姿は、とても魅力的でした。

    思い立ったら吉日。
    年は関係ない。でも、身体には気をつけて。ふぁいと〜!

    夕食後、横浜の夜景を。
    ラウンドマークタワー 69階にて。


    | 日記 | 21:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kimono-hagoromo.com/trackback/840484
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    RECOMMEND
    四季旬菜100選
    四季旬菜100選 (JUGEMレビュー »)
    木村 惠一
    まず写真が美しい。勢いがある。そそられる。
    旬のものには、エネルギーがあるのが伝わってくる。
    一首添えられて、語られる文章は簡潔だが奥深い。
    「つくし」からはじまるのも嬉しくなった。
    どこからでも読み始められる気ままさもよい。
    手元に置いて、時々眺めたい一冊。

    RECOMMEND
    ハイライトで読む 美しい日本人
    ハイライトで読む 美しい日本人 (JUGEMレビュー »)
    齋藤 孝
    嬉しくなりました。
    ついひと昔まであった愛すべき、美しい日本人のあり方に触れることができたから。
    忘れ去られていたことが、なーんだ!ほんとはそうだったんだ!
    と明るい発見があるものでした。
    日本人のアイデンティティを考える時におすすめの一冊です。
    RECOMMEND
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技 (JUGEMレビュー »)
    原田 紀子
    着物が仕事着として機能的であることを知る貴重なお話。またぎの装束・たたら着・白衣・日常の中の着物。一番関心をもったのは「着物の手入れと再生」
    その中で、夢蔵の鈴木さんの記事を発見!!!著者の聞き書きの幅の広さに感心致しました。
    RECOMMEND
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて (JUGEMレビュー »)
    安藤 明子
    家庭をもち、子育てをしながら根付いた「サロン」
    慈しみ大切にする気持ちが伝わってきます。
    安藤さんのサロンはきものに通じるものがあります。
    「ギャルリ百草」にて安藤さんにお会いして、彼女のことをもっと知りたくて・・・
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE