着物〜はごろも

着物暮らしの徒然日記
着物まわりの人・もの・事柄
<< マスクな一日 | main | フレスコ画 >>
光る泥団子
0
    はちはちさん経由で知り合った泥詩さん
    土を生活空間に活かすことから、造形世界にまで様々なことにチャレンジ
    されていらっしゃいます。

    昨年、古い伊勢型紙に土置きをするという技法の作品を拝見してから
    興味を持っておりました。
    そして、
    NHK教育「ヒミツのちからんど」-泥だんごでちからんどを救え!-
    の番組をみて、泥団子をつくってみたくなり、
    光る泥団子を手にしてみたく、いざ東京へ!!!

    21日(木)名古屋駅午後11時30分発、
    はじめて夜行バスなるものに乗り、早朝の新宿西口に降り立つ。
    スパセットを申し込んでおいたので、二時間休憩。
    最寄の駅まで着き、ドトールで朝食。

    そして、アトリエへ。
    全国の土たちがお出迎え。



    万葉集では、住吉黄土で染めた衣が歌に読まれていると教えて下さった。
    (まだ、どんな歌なのか調べていない。。。)
    ほんとにカレー粉みたいな色の土なんですよ。

    自分が住んでいるところの土の色をご存知ですか?



    愛知県知多の土がピンクだと知り、泥団子は知多の土の色で仕上げたいと
    お願いした。
    常滑の朱泥の急須は、見慣れていたけれど…。
    焼き物と違い、土を砕いてとても細かいふるいにかけパウダー状にする。
    土のそのままの色が現れる。



    ほんとに恐れ入りました。



    さて、泥団子は化粧下地が出来上がった状態まで準備して下さっていた。
    ピンクの色が綺麗にでるように、下地は白。
    お化粧のようだと思いながら、知多の土のピンクを薄く塗っていく。
    乾かしたら磨き、また重ねる。
    瓶の口で軽く表面をなでていくのだが、慣れないとぎこちない。
    泥詩さんは、手馴れた手つきでエステのマッサージのように磨いていく。




    こんなに光って、感激!
    | 和もの | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kimono-hagoromo.com/trackback/839380
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    RECOMMEND
    四季旬菜100選
    四季旬菜100選 (JUGEMレビュー »)
    木村 惠一
    まず写真が美しい。勢いがある。そそられる。
    旬のものには、エネルギーがあるのが伝わってくる。
    一首添えられて、語られる文章は簡潔だが奥深い。
    「つくし」からはじまるのも嬉しくなった。
    どこからでも読み始められる気ままさもよい。
    手元に置いて、時々眺めたい一冊。

    RECOMMEND
    ハイライトで読む 美しい日本人
    ハイライトで読む 美しい日本人 (JUGEMレビュー »)
    齋藤 孝
    嬉しくなりました。
    ついひと昔まであった愛すべき、美しい日本人のあり方に触れることができたから。
    忘れ去られていたことが、なーんだ!ほんとはそうだったんだ!
    と明るい発見があるものでした。
    日本人のアイデンティティを考える時におすすめの一冊です。
    RECOMMEND
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技 (JUGEMレビュー »)
    原田 紀子
    着物が仕事着として機能的であることを知る貴重なお話。またぎの装束・たたら着・白衣・日常の中の着物。一番関心をもったのは「着物の手入れと再生」
    その中で、夢蔵の鈴木さんの記事を発見!!!著者の聞き書きの幅の広さに感心致しました。
    RECOMMEND
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて (JUGEMレビュー »)
    安藤 明子
    家庭をもち、子育てをしながら根付いた「サロン」
    慈しみ大切にする気持ちが伝わってきます。
    安藤さんのサロンはきものに通じるものがあります。
    「ギャルリ百草」にて安藤さんにお会いして、彼女のことをもっと知りたくて・・・
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE