着物〜はごろも

着物暮らしの徒然日記
着物まわりの人・もの・事柄
<< 今年の単衣はじめ | main | 蜜柑の花咲く >>
姫路の革細工
0


    姫路に出かけたときに、ふらりと見つけたお店。
    駅前にも姫革の店はありましたが、姫路の革細工おのさんの取り扱っている姫革が、気に入りました。
    4年前のことです。

    札入れは、このときから愛用しております。

    姫路革細工は、牛革白鞣皮を用いて独特の工法で作られた伝統工芸品。
    姫路を流れる川の水質が、牛皮を鞣すのに適していたので白鞣皮の特産地になったのが、はじまりです。

    姫路城や松など男性向きの柄もあり、
    贈り物にも使われています。

    草履もあるんですよ!

    三年程、出張の仕事に出ていた時に、出かけた先にて、その土地のものと
    出会えたことが、今の着物暮らしを楽しくさせてもらっています。
    改めて感謝するとともに、その時に出会った方々を懐かしく思い出します。

    少しづつ、思い出したように、ご紹介していきたいです。


    | 和もの | 23:06 | comments(2) | trackbacks(0) |
    コメント
    着物暮らしにぴったりの素敵なお財布ですね!
    姫路は仕事でしょっちゅう行ってましたが、身近すぎてこんなに良い物があることを見落としていました。
    | 永遠のJガール | 2009/05/13 11:21 AM |
    永遠のJガールさま☆
    「灯台元暗し」だったのでしょう。

    出張先に到着すると、時間をみつけて、
    その土地に物産館などがあれば、覗いてましたね〜。

    | トビウオ | 2009/05/13 10:32 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kimono-hagoromo.com/trackback/830319
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    RECOMMEND
    四季旬菜100選
    四季旬菜100選 (JUGEMレビュー »)
    木村 惠一
    まず写真が美しい。勢いがある。そそられる。
    旬のものには、エネルギーがあるのが伝わってくる。
    一首添えられて、語られる文章は簡潔だが奥深い。
    「つくし」からはじまるのも嬉しくなった。
    どこからでも読み始められる気ままさもよい。
    手元に置いて、時々眺めたい一冊。

    RECOMMEND
    ハイライトで読む 美しい日本人
    ハイライトで読む 美しい日本人 (JUGEMレビュー »)
    齋藤 孝
    嬉しくなりました。
    ついひと昔まであった愛すべき、美しい日本人のあり方に触れることができたから。
    忘れ去られていたことが、なーんだ!ほんとはそうだったんだ!
    と明るい発見があるものでした。
    日本人のアイデンティティを考える時におすすめの一冊です。
    RECOMMEND
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技 (JUGEMレビュー »)
    原田 紀子
    着物が仕事着として機能的であることを知る貴重なお話。またぎの装束・たたら着・白衣・日常の中の着物。一番関心をもったのは「着物の手入れと再生」
    その中で、夢蔵の鈴木さんの記事を発見!!!著者の聞き書きの幅の広さに感心致しました。
    RECOMMEND
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて (JUGEMレビュー »)
    安藤 明子
    家庭をもち、子育てをしながら根付いた「サロン」
    慈しみ大切にする気持ちが伝わってきます。
    安藤さんのサロンはきものに通じるものがあります。
    「ギャルリ百草」にて安藤さんにお会いして、彼女のことをもっと知りたくて・・・
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE