着物〜はごろも

着物暮らしの徒然日記
着物まわりの人・もの・事柄
<< テーブルの上の花 | main | やわらかい鉛筆 >>
雨コート
0
    今日はお茶会があったようで、着物姿の方を多くみかけました。
    あいにくの雨。
    雨コートもそれぞれでした。
    二部式の方は、少なかったように見受けられました。



    私の薄物の雨コートは、二部式。
    上着のみ、塵除けにも着てしまいます。
    雨の日は、洗える着物なので、
    しっかり雨が振っていたら、二部式の下も着けます。
    帰りに雨が上がっていたときは、上着だけと使い分けができて便利です。
    衿の形は、千代田衿。



    「晴雨兼用のコート」として、
    大塚末子きものコート69-70 P112 に載っていたものを
    作ってもらいました。製図付きなのが、オーダーするのに助かります。
     
    昭和40年代前半は、まだ着物を常に着た方が普通にいた時代。
    よそいきのコートから普段のコートやマントなど、
    ご自身で作られる方のために製図付き。

    縦縞の雨コートや格子縞の雨コート。
    今みても、素敵です。
    そしてコメントも親切。
    「雨コートは着丈が、ことに大切です。
     きものを着てから仮縫いをしましょう。」

    縞の紬で作った袷の雨コートは、折り返しポイント衿。
    そういえば、このコートを着ていたときに
    「昭和な感じがする。」と言われたことがありました。
    今更ながら、感覚が鋭い人!と思い出されました。
    大塚末子キモノコート集67-68  P100のデザインを作ってもらったのです。
    まさに昭和!!!

    「今年のコートは」
    と言うくらい色んなバリエーションがあったのです。
    頻繁に着ていた絞りのコートや羽織りが傷んでしまったので、
    秋冬コートのことも考えつつ、段取りしていきたい。

    あ、その前に保多織りの単衣を完成させないと!
    まだ、袖を作りかけ。。。






    | 着物コーディネート | 22:00 | comments(4) | trackbacks(0) |
    コメント
    悪天候をものともせず着物ライフをすいすい楽しんでらっしゃるトビウオ様。まさに水面を跳ねて泳ぐ飛び魚の如しです。
    うーん素敵!といつも感服しております。
    「着物でおでかけ」企画もぜひまた参加させてくださいませ!
    | 永遠のJガール | 2009/04/26 1:46 AM |
    Jガールさま☆

    いつもコメントありがとうございます。
    横浜の件で連絡を取りたいのですが…
    メルアド変更されましたか?
    連絡先をお知らせくださいませ。
    | トビウオ | 2009/04/26 9:07 AM |
    トビウオ様お知らせが遅くなってすみませんでした。
    携帯は前半同じで@ezweb.ne.jpとなります。よろしくお願い致します。
    | 永遠のJガール | 2009/04/27 9:51 AM |
    Jガールさま☆
    お知らせを有り難うございます。
    | トビウオ | 2009/04/27 10:35 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kimono-hagoromo.com/trackback/824185
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    RECOMMEND
    四季旬菜100選
    四季旬菜100選 (JUGEMレビュー »)
    木村 惠一
    まず写真が美しい。勢いがある。そそられる。
    旬のものには、エネルギーがあるのが伝わってくる。
    一首添えられて、語られる文章は簡潔だが奥深い。
    「つくし」からはじまるのも嬉しくなった。
    どこからでも読み始められる気ままさもよい。
    手元に置いて、時々眺めたい一冊。

    RECOMMEND
    ハイライトで読む 美しい日本人
    ハイライトで読む 美しい日本人 (JUGEMレビュー »)
    齋藤 孝
    嬉しくなりました。
    ついひと昔まであった愛すべき、美しい日本人のあり方に触れることができたから。
    忘れ去られていたことが、なーんだ!ほんとはそうだったんだ!
    と明るい発見があるものでした。
    日本人のアイデンティティを考える時におすすめの一冊です。
    RECOMMEND
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技 (JUGEMレビュー »)
    原田 紀子
    着物が仕事着として機能的であることを知る貴重なお話。またぎの装束・たたら着・白衣・日常の中の着物。一番関心をもったのは「着物の手入れと再生」
    その中で、夢蔵の鈴木さんの記事を発見!!!著者の聞き書きの幅の広さに感心致しました。
    RECOMMEND
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて (JUGEMレビュー »)
    安藤 明子
    家庭をもち、子育てをしながら根付いた「サロン」
    慈しみ大切にする気持ちが伝わってきます。
    安藤さんのサロンはきものに通じるものがあります。
    「ギャルリ百草」にて安藤さんにお会いして、彼女のことをもっと知りたくて・・・
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE