着物〜はごろも

着物暮らしの徒然日記
着物まわりの人・もの・事柄
<< 庭の花 | main | 東照宮祭 舞楽 >>
着物でお出かけしました 岐阜金華・川原町
0

    日傘がいるくらいのよいお天気になりました!

    名古屋から10名・岐阜から2名 合計12名で、
    「着物〜はごろも」の着物でお出かけを楽しみました。
    JR岐阜駅からバスに乗り、長良橋で下車。
    「今昔庵」までをゆっくり川原町のお店を覘きながら歩く。



    うちわやさんでは、水うちわの制作中。
    乾かす工程にはいっていて、まだ売りに出されるのはもう少し後だそう。
    ミニうちわが人気!でした。

    「今昔庵」にてランチ。
    お染さんの型染め作品展をみて
    型染めの工程などの説明を伺う。



    半襟は、あいかわらず人気!です。
    帯が欲しいねぇ。。。
    どの柄がよいかしら???などと、お好みの柄探し。



    そして、蔵のなかで、藍のコレクションとともに
    松岡未紗先生のお話を伺いました。


     
    やっぱり、盛りだくさんです!
    三時のお茶の時間には、スイーツで一息いれて…と。

    すると特別に、松岡未紗先生が、
    陣羽織とラシャのマントを見せてくださいました。
    皆、それぞれ興味深く拝見いたしました。
    松岡未紗先生が『よかった、皆さんに見てもらえて。良かったね』って、
    装束をよしよしと撫でるような感じで仕舞われたことが印象に残りました。
    てとらさんの日記にも同じようなことが書かれており、
    衣に対する想い、その衣に関わったさまざまな人の想いを
    松岡未紗先生の言葉から、それぞれ感じ取ったようでした。

    三十数年前に「余命五年」といわれた先生。
    その後のお話を伺うと「衣の神様」に新たに使命を頂いたようだと感じる。
    こうして、お会いできたことに感謝を致します。
    まだまだ、お元気でいてくださいね!教えて頂くことがいっぱいで!!!
    私の岐阜通いは、続きそうです。

    参加の皆さんの薄物のコートの後姿

    藤の花の帯・形見の藍の洋服・てとらさんオススメ「枝豆まんじゅう」


    | 日記 | 11:37 | comments(5) | trackbacks(0) |
    コメント
    今回は参加できなくて とても残念でございました。

     楽しい企画盛りだくさんでございましたね。

     素敵な柄の帯でございますね。袋帯でございますか?

     本当に綺麗な柄でございますね。
    | ミヤモト | 2009/04/19 11:53 PM |
    皆さん、春めくコーディネート、
    直接お目にかかれたらもっと素敵だったろうと
    想像してしまいます。川原町は、川沿いの
    イタリアンレストランにお邪魔した事があります。
    美味しい漬け物屋さん(いなば通)や
    町の中心部には、古着屋さんや、下駄やさんも在って
    また行きたくなりました。
    | まりあ | 2009/04/20 2:08 PM |
    ミヤモトさま☆
    お染さんの型染めの柄
    リクエストで帯にもしていただけます。
    写真のものは、タペストリーなので長さが足りません。
    皆さん、考えることは一緒で「帯にしたいねぇ。。。」と。

    またの機会に、お出かけいたしませウ。


    まりあさま☆
    お久しぶりです。
    また、お会いしたいです。
    まりあさんの春コーディも拝見したい〜!!!

    川沿いのレストラン…美味しいもの好きな方がチェックを
    入れていました。
    古着屋さん・下駄屋さん???
    また詳しく教えてくださいませ。
    | トビウオ | 2009/04/21 7:56 AM |
    うふふ、メイさんの着物の登場ですね。

    タペストリーは帯の幅さえあれば、
    見えない部分は他の布にすればよいので
    十分帯にできそうですね。
    なかなか、帯に良さそうな柄ですね。
    もちろんタレは、合う色の無地で・・・
    | うまこ | 2009/04/21 11:58 PM |
    うまこさま☆
    メイさんの着物は活躍しています。
    いろんな方にお声を掛けられますね。

    アイデア豊富のうまこさん!
    そうなんですよね。
    似合う色の無地をみつければ…
    楽しい帯になりますね!
    | トビウオ | 2009/04/22 11:23 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kimono-hagoromo.com/trackback/819166
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    RECOMMEND
    四季旬菜100選
    四季旬菜100選 (JUGEMレビュー »)
    木村 惠一
    まず写真が美しい。勢いがある。そそられる。
    旬のものには、エネルギーがあるのが伝わってくる。
    一首添えられて、語られる文章は簡潔だが奥深い。
    「つくし」からはじまるのも嬉しくなった。
    どこからでも読み始められる気ままさもよい。
    手元に置いて、時々眺めたい一冊。

    RECOMMEND
    ハイライトで読む 美しい日本人
    ハイライトで読む 美しい日本人 (JUGEMレビュー »)
    齋藤 孝
    嬉しくなりました。
    ついひと昔まであった愛すべき、美しい日本人のあり方に触れることができたから。
    忘れ去られていたことが、なーんだ!ほんとはそうだったんだ!
    と明るい発見があるものでした。
    日本人のアイデンティティを考える時におすすめの一冊です。
    RECOMMEND
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技 (JUGEMレビュー »)
    原田 紀子
    着物が仕事着として機能的であることを知る貴重なお話。またぎの装束・たたら着・白衣・日常の中の着物。一番関心をもったのは「着物の手入れと再生」
    その中で、夢蔵の鈴木さんの記事を発見!!!著者の聞き書きの幅の広さに感心致しました。
    RECOMMEND
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて (JUGEMレビュー »)
    安藤 明子
    家庭をもち、子育てをしながら根付いた「サロン」
    慈しみ大切にする気持ちが伝わってきます。
    安藤さんのサロンはきものに通じるものがあります。
    「ギャルリ百草」にて安藤さんにお会いして、彼女のことをもっと知りたくて・・・
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE