着物〜はごろも

着物暮らしの徒然日記
着物まわりの人・もの・事柄
<< 白木蓮 | main | 49日と南知多 >>
サビない人に
0


    一年前に手にした「関根の胡麻油」
    JR名古屋タカシマヤの「味百選」にて。
    そして、また今年も「味百選」が、巡ってまいりました。

    一年分をまとめ買い!!!
    8kg缶で一年分とのこと。
    重いから送ってもらう。JR名古屋眦膕阿任賄豎せ宛の配送料210円。
    今年は、これで無事に暮らせるわ。


    頂いたパンフレットの招き猫もいい味出してます。

    ゴマに含まれるセサミンは、酸化を抑える働きと共に、肝機能を高める作用が有るといわれています。
    昔ながらの質の高い胡麻油の一番搾り。
    匂いもほのかで、クセの無いさらりとした口当たりです。
    アーユルベータに使われ癒しの効果もあるようです。

    「サビない人には、よい油と、よい塩と、よい水よね!」
    「その通り!」



    東男の17代目の関根社長と。



    | 食べ物 | 21:41 | comments(2) | trackbacks(0) |
    コメント
    東男らしい気っ風のよさそうなかたとお見受け。
    胡麻油香ばしくて大好きです!由緒正しき老舗なのですね。
    関西で油やさんといえば、近松の「女殺油地獄」を連想します。
    | 永遠のJガール | 2009/03/20 10:24 PM |
    永遠のJガールさま☆
    17代目は、ホント見たとおり。
    江戸からやって来たって感じです。

    近松の「女殺油地獄」ですか〜!
    昨年、曽根崎で泊まった時に
    なんだか、ふっと「曽根崎心中」を思い出しましたよ。

    「この世の名残、夜も名残、死にに行く身をたとふれば、  あだしが原の道の霜、一足づつに消えて行く、夢の夢こそ あはれなれ。あれ数ふれば暁の、七つの時が六つ鳴りて、 残る一つが今生の、鐘の響きの聞き納め、寂滅為楽と響く なりー」
    お初と徳兵衛…。

    あれ、徳兵衛さんは、油屋ではなく醤油屋の手代でしたね。
    | トビウオ | 2009/03/21 9:46 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>
    RECOMMEND
    四季旬菜100選
    四季旬菜100選 (JUGEMレビュー »)
    木村 惠一
    まず写真が美しい。勢いがある。そそられる。
    旬のものには、エネルギーがあるのが伝わってくる。
    一首添えられて、語られる文章は簡潔だが奥深い。
    「つくし」からはじまるのも嬉しくなった。
    どこからでも読み始められる気ままさもよい。
    手元に置いて、時々眺めたい一冊。

    RECOMMEND
    ハイライトで読む 美しい日本人
    ハイライトで読む 美しい日本人 (JUGEMレビュー »)
    齋藤 孝
    嬉しくなりました。
    ついひと昔まであった愛すべき、美しい日本人のあり方に触れることができたから。
    忘れ去られていたことが、なーんだ!ほんとはそうだったんだ!
    と明るい発見があるものでした。
    日本人のアイデンティティを考える時におすすめの一冊です。
    RECOMMEND
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技 (JUGEMレビュー »)
    原田 紀子
    着物が仕事着として機能的であることを知る貴重なお話。またぎの装束・たたら着・白衣・日常の中の着物。一番関心をもったのは「着物の手入れと再生」
    その中で、夢蔵の鈴木さんの記事を発見!!!著者の聞き書きの幅の広さに感心致しました。
    RECOMMEND
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて (JUGEMレビュー »)
    安藤 明子
    家庭をもち、子育てをしながら根付いた「サロン」
    慈しみ大切にする気持ちが伝わってきます。
    安藤さんのサロンはきものに通じるものがあります。
    「ギャルリ百草」にて安藤さんにお会いして、彼女のことをもっと知りたくて・・・
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE