着物〜はごろも

着物暮らしの徒然日記
着物まわりの人・もの・事柄
<< 新しい野菜 | main | どかんやの花たち >>
常滑市大野町「どかんや」にて
0


    「どかんや」さんは、名鉄大野駅すぐの川沿い。
    店奥の川沿いの窓から、赤い名鉄電車がみえる。



    店に訪れるのは、何年ぶりだろうか。
    それもゆっくりとお茶をよばれたのは、はじめてである。



    あ、「どかんや」さんは陶器のお店です。
    女店主は、この道40年。
    絵手紙はお得意で、毎年の年賀状のやりとりで繋がっていた。
    お顔を合わせたのは、3回位。
    改めてお話すると、やはり通じるものがある。
    センスがよい。日々を楽しんでいる。もちろん着物も着られる。
    興味を持つ方向が同じなのかと感じる。



    はちはちさんの幟のコートを羽織り、革のパンツにカシミアのハイネック。
    帽子を被り、ミンクを襟巻き。
    「着物じゃなかったんだぁ〜」といわれたが、
    夜に隣の奥さんと温泉に行く約束していたから。
    すると、以前は、似たような帽子をいつも被っていたよ。と
    似顔絵をみせてくれました。
    あら、ホント。藍のニット帽に、首にショールを巻いている。



    「旧暦日々是好日」も置いてある。
    今年は購入していなかったので、手に入れる。

    旧暦、月の暦、二十四節気、潮の満ち引き…。
    女主人は、昔の人がカレンダーなどを見なくとも自然から感じられていた
    四季の変化の気配や兆しを体感して理解したいと話された。

    そして女主人は、せっかちなのである。
    これもあれもと、いっぱい話すことや見せるものなどたくさんあって、
    忙しい。言い換えれば、パワフルなのだ。

    田中屋の生せんべいを手土産に伺いましたが、
    帰りには、お漬物や金柑など頂きました。



    また、訪れたい。

    | お気に入りギャラリー | 23:40 | comments(8) | trackbacks(0) |
    コメント
    まさかトビウオさまのお洋服姿が見られるとは思ってもみませんでした。もうけもんです!
    お洋服でも和のクリエィティブなことをなさっていそうな、ただものではない雰囲気が漂っておられますね!
    | 永遠のJガール | 2009/02/10 10:49 PM |
    永遠のJガールさま☆
    なにか芸ができるとよいのですが…。
    只者ですよ。
    | トビウオ | 2009/02/10 11:11 PM |
    トビウオさん、かっこいい…ホレボレ…
    | ノエル | 2009/02/11 8:53 PM |
    ノエルさま☆
    お久しぶりです。ありがとうございます。
    たまには、洋服も着ます。

    はちはちさんの幟のコート、格好良いでしょ。
    | トビウオ | 2009/02/12 12:46 AM |
    書き込みがこんなに遅れてしまったのですが、
    見たのはもっと前です(言い訳がましいですね)
    でも、やっぱり・・・
    ステキ!   
    と書きたくなって、また舞い戻ってきました。
    今、手元の古い留め袖を眺めつつ、
    よし、頑張って、コートにしよう
    と決意を新たにしています。
    (でも、やや不安。自作のつもりなので・・・)
    | うまこ | 2009/02/18 11:19 PM |
    うまこさま☆
    ありがとうございます。
    いつも、うまこさんのアイデアには感心しています。
    留袖がどんなコートになるか?!
    楽しみ〜!
    | トビウオ | 2009/02/19 1:58 AM |
    すぐお近くに住んでいた平野亨です。(大野町6−39) 
    現在は、東京の町田に住んでんいます。両親が生存中から時々、朱泥の常滑焼「茶器」をお宅(どかんやさん)で手配して貰って、こちらへ送って貰い、朱泥の茶器に興味のある友人にプレゼントしていました。大変喜ばれました。
    手持ちの在庫がなくなってきたので、又、少し手配しようかと
    思います。商品をHome PageにUploadして頂ければ、それを見てから幾つか注文させて頂きたいと思います。一つ御幾らでしょうか?平野 亨(東京都町田市小川1−24−6)Tel 042-799-3587
    | 平野 亨 | 2014/06/24 5:22 PM |
    平野 亨さま☆
    コメントに気が付かず、申し訳ないです。
    トビウオ改め、はごろもになりました。
    どかんやさんを訪れた記事ですので、ご注文は直接「どかん屋」さんへ、お電話でお願いいたします。
    | はごろも | 2015/05/20 1:56 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kimono-hagoromo.com/trackback/788208
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    RECOMMEND
    四季旬菜100選
    四季旬菜100選 (JUGEMレビュー »)
    木村 惠一
    まず写真が美しい。勢いがある。そそられる。
    旬のものには、エネルギーがあるのが伝わってくる。
    一首添えられて、語られる文章は簡潔だが奥深い。
    「つくし」からはじまるのも嬉しくなった。
    どこからでも読み始められる気ままさもよい。
    手元に置いて、時々眺めたい一冊。

    RECOMMEND
    ハイライトで読む 美しい日本人
    ハイライトで読む 美しい日本人 (JUGEMレビュー »)
    齋藤 孝
    嬉しくなりました。
    ついひと昔まであった愛すべき、美しい日本人のあり方に触れることができたから。
    忘れ去られていたことが、なーんだ!ほんとはそうだったんだ!
    と明るい発見があるものでした。
    日本人のアイデンティティを考える時におすすめの一冊です。
    RECOMMEND
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技 (JUGEMレビュー »)
    原田 紀子
    着物が仕事着として機能的であることを知る貴重なお話。またぎの装束・たたら着・白衣・日常の中の着物。一番関心をもったのは「着物の手入れと再生」
    その中で、夢蔵の鈴木さんの記事を発見!!!著者の聞き書きの幅の広さに感心致しました。
    RECOMMEND
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて (JUGEMレビュー »)
    安藤 明子
    家庭をもち、子育てをしながら根付いた「サロン」
    慈しみ大切にする気持ちが伝わってきます。
    安藤さんのサロンはきものに通じるものがあります。
    「ギャルリ百草」にて安藤さんにお会いして、彼女のことをもっと知りたくて・・・
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE