着物〜はごろも

着物暮らしの徒然日記
着物まわりの人・もの・事柄
<< 梅ジュースと梅ジャム | main | コルクにニスを >>
着物でお出かけ・七月七日
0
    蒸し暑い日でしたが、雨にはならず日傘が活躍するお天気となりました。
    23名の方にご参加頂き、有り難うございました。



    学食ランチを頂き、講義室へ。
    十二単(紅の匂)・薄物の直衣 のお服上げを説明を聞きながら拝見。
    その後は、五節の舞姫の舞を堪能。
    雅楽の音色は、雅やかで心地よく、眠りの世界に導かれた方もあり。


    写真撮影では「はごろも」参加者全員で撮影が出来ました!


    お時間のある方のみ、星ヶ丘テラス「ゴブリンカフェ」にてお茶。
    午後4時半に解散となりました。


    夏着物でのお出かけの楽しみは、いろんな素材を見られること!
    芭蕉布、生紬、絹芭蕉、越後縮、小千谷縮、夏紬、絽は絹も綿もあり。
    もちろん洗える着物も浴衣もありです。帯姿もさまざま。


    秋に出産予定の方も着物で参加。
    言われるまで、妊婦さんとは気づかなかったのです。
    ご本人も「意外にいけるもんだ」と。
    着物とは、便利なものですね。
    「はごろも」のお出かけイベントに第一回目から参加頂いておりました。
    秋には、素敵なママになってくださいね〜!


    日傘美人を発見!
    和の日傘は持ち運びも便利なように、持ち手の柄が外れるのです。


    藍建てを体験させて頂いたお染めさんも参加。
    あの藍で染めた帯揚げと半襟を身につけて。
    爪はなんと!!!藍色に染まっていました。


    いつも素敵なてとらさんは、ビーズの半襟、レースの半幅帯で。
    お洒落なカフェが似合います。

    胸にさらしを巻く指南があったり、クレープのステテコから湯文字まで、
    話は尽きません。

    今日は、雨。
    昨日お集まりの皆様は、晴れ女に違いないと確信いたしました。
    また、お出かけいたしませう。



    | お誘い | 00:30 | comments(4) | trackbacks(0) |
    コメント
    7日はどうもありがとうございました。
    七夕にちなんで、笹の帯をしていこうと
    思っていたのですが、お天気が心配で
    くじけてしまいました。
    またお誘いくださいませ。
    | ずず | 2008/07/09 7:22 AM |
    ずずさま☆
    お出かけ頂き、ありがとうございました。
    笹の帯みたかったなぁ〜。
    では、旧暦の七夕にいかがでしょうか?
    絣好きなので、ずずさんの鏑柄の着物にすぐ目がいってしまいましたよ!
    またよろしくお願い致します。
    | トビウオ | 2008/07/09 10:45 AM |
    みなさん、夏の着物、涼しげですね。
    見ている人にも涼しさを感じさせるなんて、ある意味温暖化対策?なんて…。
    あと1年位したら、ぜひご一緒したいです!
    | 牧野陽子 | 2008/07/15 2:32 PM |
    牧野陽子さま☆
    コメント有り難うございます。
    皆さん、すっきりとさわやかに着こなしていらっしゃいましたよ。出かけられるようになりましたら、ぜひご一緒いたしませう。
    思い起こせば、五年前の六月、ご一緒に着物で京都に出かけましたね〜。懐かしいです。
    | トビウオ | 2008/07/15 11:37 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kimono-hagoromo.com/trackback/681961
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>
    RECOMMEND
    四季旬菜100選
    四季旬菜100選 (JUGEMレビュー »)
    木村 惠一
    まず写真が美しい。勢いがある。そそられる。
    旬のものには、エネルギーがあるのが伝わってくる。
    一首添えられて、語られる文章は簡潔だが奥深い。
    「つくし」からはじまるのも嬉しくなった。
    どこからでも読み始められる気ままさもよい。
    手元に置いて、時々眺めたい一冊。

    RECOMMEND
    ハイライトで読む 美しい日本人
    ハイライトで読む 美しい日本人 (JUGEMレビュー »)
    齋藤 孝
    嬉しくなりました。
    ついひと昔まであった愛すべき、美しい日本人のあり方に触れることができたから。
    忘れ去られていたことが、なーんだ!ほんとはそうだったんだ!
    と明るい発見があるものでした。
    日本人のアイデンティティを考える時におすすめの一冊です。
    RECOMMEND
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技 (JUGEMレビュー »)
    原田 紀子
    着物が仕事着として機能的であることを知る貴重なお話。またぎの装束・たたら着・白衣・日常の中の着物。一番関心をもったのは「着物の手入れと再生」
    その中で、夢蔵の鈴木さんの記事を発見!!!著者の聞き書きの幅の広さに感心致しました。
    RECOMMEND
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて (JUGEMレビュー »)
    安藤 明子
    家庭をもち、子育てをしながら根付いた「サロン」
    慈しみ大切にする気持ちが伝わってきます。
    安藤さんのサロンはきものに通じるものがあります。
    「ギャルリ百草」にて安藤さんにお会いして、彼女のことをもっと知りたくて・・・
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE