着物〜はごろも

着物暮らしの徒然日記
着物まわりの人・もの・事柄
<< 藍建て | main | 柚子こしょう >>
嬉しい再会
0
    昨年春、ジェイアール名古屋タカシマヤのクラフトコーナーでお会いした
    秋友美穂
    さんと嬉しい再会。

    三越名古屋栄店 6階
    「Made in 日本の手仕事〜有松絞りと夏の装い展」にて参加出店
    しています。

    色々とバージョンアップ!
    銀のアクセサリーに加えて、トンボ玉や七宝のガラス素材も増えました。


    帯留めやかんざしの和ものも!


    お気に入りの「金平糖シリーズ」も健在。


    仕事帰りに立ち寄ったので、あまり時間がなく残念でした。
    6階は、午後7時半まで。
    お時間のある方は、ぜひ手に取ってご覧になってみてください。
    9日までで〜す。

    「Made in 日本の手仕事〜有松絞りと夏の装い展」では、
    秋友さんの隣のコーナーにて、板締めのお洒落な絞りが楽しめます。

    有松絞りの村瀬さん
    が、7日8日の有松絞りまつりの案内をくださいました。
    有松絞りと名古屋友禅のコラボレーションの話から、
    友禅を習っている先生の名前も!!世の中狭いのかも。

    有松絞りまつりでは、友禅の体験コーナーもあります。
    こちらも、興味のある方はお出かけくださいませ!

    | お気に入りギャラリー | 23:28 | comments(3) | trackbacks(0) |
    コメント
    先日の藍建て、お疲れ様でした。
    う〜ん、覗きにいきた〜い!!
    金平糖かわいいです♪
    | さっちゃん | 2008/06/04 7:40 AM |
    さっちゃんさま☆
    藍建てお疲れ様です。色々チャレンジされる、
    さっちゃんには、感心しています。

    秋友さんの「金平糖」シリーズにぐっと心を惹かれ、
    今回、嬉しい再会となりました。
    9日までなので、昨日しかない!!!と出かけました。

    ぜひ、手に取ってみてください。可愛いよ〜!
    | トビウオ | 2008/06/04 10:50 AM |
    谿コ縺励※縺紜縺ァ√◆縺。
    | christmas cards | 2008/12/02 1:18 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kimono-hagoromo.com/trackback/651638
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    RECOMMEND
    四季旬菜100選
    四季旬菜100選 (JUGEMレビュー »)
    木村 惠一
    まず写真が美しい。勢いがある。そそられる。
    旬のものには、エネルギーがあるのが伝わってくる。
    一首添えられて、語られる文章は簡潔だが奥深い。
    「つくし」からはじまるのも嬉しくなった。
    どこからでも読み始められる気ままさもよい。
    手元に置いて、時々眺めたい一冊。

    RECOMMEND
    ハイライトで読む 美しい日本人
    ハイライトで読む 美しい日本人 (JUGEMレビュー »)
    齋藤 孝
    嬉しくなりました。
    ついひと昔まであった愛すべき、美しい日本人のあり方に触れることができたから。
    忘れ去られていたことが、なーんだ!ほんとはそうだったんだ!
    と明るい発見があるものでした。
    日本人のアイデンティティを考える時におすすめの一冊です。
    RECOMMEND
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技 (JUGEMレビュー »)
    原田 紀子
    着物が仕事着として機能的であることを知る貴重なお話。またぎの装束・たたら着・白衣・日常の中の着物。一番関心をもったのは「着物の手入れと再生」
    その中で、夢蔵の鈴木さんの記事を発見!!!著者の聞き書きの幅の広さに感心致しました。
    RECOMMEND
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて (JUGEMレビュー »)
    安藤 明子
    家庭をもち、子育てをしながら根付いた「サロン」
    慈しみ大切にする気持ちが伝わってきます。
    安藤さんのサロンはきものに通じるものがあります。
    「ギャルリ百草」にて安藤さんにお会いして、彼女のことをもっと知りたくて・・・
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE