着物〜はごろも

着物暮らしの徒然日記
着物まわりの人・もの・事柄
<< 手織場展&蒲郡プリンスホテルにてお茶 | main | 袴着付け >>
卒業式
0


    おめかし着物の会に初参加!
    テーマは、卒業式。

    この日のために、初売りに並び2008円にて手に入れた深緑の袴を
    一つ紋の色無地にあわせました。
    重ね衿は、若草色のレースを使用。
    最後まで悩んだ髪型は、みつあみにリボンを編みこんでみました。
    女学生風???のつもり。

    本当の卒業式の方も、帰りの地下鉄でみかけましたが…。
    はたして、学生にみえたのか?先生にみえたのか?

    卒業生・在校生・父兄とそれぞれ勝手に役決めしたりして。
    若い方ほど、渋めに父兄役で色無地。
    そうねぇ、年齢を重ねると華やかにしてみたいものかしら。
    人間、ないものを求めるのね…。とつぶやいてみる。

    袴姿は、私を入れて3名。
    ロングコートで袴姿を隠す方がある一方で、
    訪問着を長羽織に仕立てた(元の訪問着にも直せるように工夫してる)
    おしゃれな羽織姿の方も。
    暖かかったので、私はショールを肩にかけて。と三人三様。

    今日の集まりは、着物を着こなす方ばかりなので、
    仕立てのことやメンテナンスや着付け方など、興味深く有意義でした。

    特におめかし着物を着るには、
    「一、髪 二、化粧 三、着物」といわれる「髪」について
    技や知識が必要だなぁと感じました。
    今まで、日本髪を結いたいと言う方がいても人事に思っていましたが、
    一度はやってみたいなぁという気になっちゃいました!
    秋にできるかしら???

    丸の内「胡豆昆」→円頓寺「野田仙」「ヲジマヤ」→キャッスルプラザ
    のコース。
    お散歩日和、袴姿で足取り軽く♪楽しみました。



    主催のかづらさま、お疲れ様でした。
    参加された皆様とまたお会いできますように!
    | 着物コーディネート | 21:47 | comments(0) | trackbacks(1) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kimono-hagoromo.com/trackback/608672
    トラックバック
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    | - | 2012/03/24 7:43 PM |
    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>
    RECOMMEND
    四季旬菜100選
    四季旬菜100選 (JUGEMレビュー »)
    木村 惠一
    まず写真が美しい。勢いがある。そそられる。
    旬のものには、エネルギーがあるのが伝わってくる。
    一首添えられて、語られる文章は簡潔だが奥深い。
    「つくし」からはじまるのも嬉しくなった。
    どこからでも読み始められる気ままさもよい。
    手元に置いて、時々眺めたい一冊。

    RECOMMEND
    ハイライトで読む 美しい日本人
    ハイライトで読む 美しい日本人 (JUGEMレビュー »)
    齋藤 孝
    嬉しくなりました。
    ついひと昔まであった愛すべき、美しい日本人のあり方に触れることができたから。
    忘れ去られていたことが、なーんだ!ほんとはそうだったんだ!
    と明るい発見があるものでした。
    日本人のアイデンティティを考える時におすすめの一冊です。
    RECOMMEND
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技 (JUGEMレビュー »)
    原田 紀子
    着物が仕事着として機能的であることを知る貴重なお話。またぎの装束・たたら着・白衣・日常の中の着物。一番関心をもったのは「着物の手入れと再生」
    その中で、夢蔵の鈴木さんの記事を発見!!!著者の聞き書きの幅の広さに感心致しました。
    RECOMMEND
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて (JUGEMレビュー »)
    安藤 明子
    家庭をもち、子育てをしながら根付いた「サロン」
    慈しみ大切にする気持ちが伝わってきます。
    安藤さんのサロンはきものに通じるものがあります。
    「ギャルリ百草」にて安藤さんにお会いして、彼女のことをもっと知りたくて・・・
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE