着物〜はごろも

着物暮らしの徒然日記
着物まわりの人・もの・事柄
<< 鼻緒のこと | main | 着付け個人レッスン >>
着物でお出かけ 小唄ときわ会
0


    名古屋能楽堂にて
    それぞれの個性が現れた着物姿。

    本日は、お出かけだけでなく、

    和の生活マガジンSakura
    主催 
    第二回「街でみかけたきもの美人大賞」写真作品募集に応募する
    ため、撮影会も兼ねました。

    小唄は、三味線の音色とともに、
    鍛錬された人の声が、耳に心地よく、
    情景に心情を重ね合わせた日本人の感性に聴き入りました。
    そのうち、気持ちよく、うとうと、と…。

    小唄のみならず、
    春風亭柳朝・一之輔の 落語。
    さらに京都祇園甲部の芸妓豆涼さん・孝丸さん、舞妓市有里さん・豆ちほさんの舞も楽しめました。
    姿・形はもちろん、舞姿も、綺麗!!!
    洗練された美しさ!制約があるからこそ磨かれる。
    律することの大事さに魅せられた姿でした。

    受付に並ぶ、お花には、そうそうたる方の名前があり。
    12時開演。能楽堂を後にしたのが、19時。
    途中は、お昼やお茶をして、盛りだくさんの和事に触れた一日でした。

    岐阜から初参加の方とも話が盛り上がり、
    これからの広がりが楽しみです。
    春になったら、その方の型染めの工房にお出かけしよう!!!の計画も!
    来年も、「着物でお出かけ」は、楽しみです。
    | 日記 | 22:47 | comments(4) | trackbacks(0) |
    コメント
    お初です。
    早速の写真のアップ。
    4人の着物美人(自分で言ってる)+おしゃれなカメラマンさんとの、楽しいひと時でした。
    次回はカメラマンさんの着物姿楽しみにしています。


    | お染。 | 2007/12/10 3:09 PM |
    お染さま
    初めてお会いしたとは思えないほど、リンクしますね〜!
    これからもよろしくお願い致します。
    カメラマンの平さんの着物後ろ姿は、「落語へのお誘い」の画像をご覧くださいませ。
    次回は、頑張るそうです。楽しみ〜!
    | トビウオ | 2007/12/10 9:27 PM |
    初コメントです。当日は、お染めさんはじめ、
    皆さんありがとうございました。  
    また、途中抜けて申し訳ありませんでした。 
    皆さんと、じーっくりお話できず、私一人だけ
    消化不良です・・・・・ 
    次回は顎がはずれるくらい語りたい!!です。
    | 平 | 2007/12/13 12:14 PM |
    平さま
    初コメントありがとうございます。
    そうですね。
    来年、旧正月に、着物で集まりお祝いしましょうか?
    | トビウオ | 2007/12/14 11:01 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>
    RECOMMEND
    四季旬菜100選
    四季旬菜100選 (JUGEMレビュー »)
    木村 惠一
    まず写真が美しい。勢いがある。そそられる。
    旬のものには、エネルギーがあるのが伝わってくる。
    一首添えられて、語られる文章は簡潔だが奥深い。
    「つくし」からはじまるのも嬉しくなった。
    どこからでも読み始められる気ままさもよい。
    手元に置いて、時々眺めたい一冊。

    RECOMMEND
    ハイライトで読む 美しい日本人
    ハイライトで読む 美しい日本人 (JUGEMレビュー »)
    齋藤 孝
    嬉しくなりました。
    ついひと昔まであった愛すべき、美しい日本人のあり方に触れることができたから。
    忘れ去られていたことが、なーんだ!ほんとはそうだったんだ!
    と明るい発見があるものでした。
    日本人のアイデンティティを考える時におすすめの一冊です。
    RECOMMEND
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技 (JUGEMレビュー »)
    原田 紀子
    着物が仕事着として機能的であることを知る貴重なお話。またぎの装束・たたら着・白衣・日常の中の着物。一番関心をもったのは「着物の手入れと再生」
    その中で、夢蔵の鈴木さんの記事を発見!!!著者の聞き書きの幅の広さに感心致しました。
    RECOMMEND
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて (JUGEMレビュー »)
    安藤 明子
    家庭をもち、子育てをしながら根付いた「サロン」
    慈しみ大切にする気持ちが伝わってきます。
    安藤さんのサロンはきものに通じるものがあります。
    「ギャルリ百草」にて安藤さんにお会いして、彼女のことをもっと知りたくて・・・
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE