着物〜はごろも

着物暮らしの徒然日記
着物まわりの人・もの・事柄
<< クリスマス気分 | main | 季節の帯留め >>
花と向かい合う時間
0
    花と向かい合う時間。
    とても久しぶり…。

    佐藤泰子さんのガラスの花瓶にたっぷりと小菊を挿す。


    ピンクのダイヤモンド・リリーは、今年も咲いてくれたんだね!と
    洋画に画かれている花のようにブルーの花瓶に。


    残りの菊も、切子グラスに。


    こころ静かになる豊かな時間。



    先日、行き着けのTさん宅にて偶然出合った
    みかん屋さんのおばちゃんのことを電話で父に話した。
    すると、父から
    そのおばちゃんのみかんをもってきてくれると電話がかかってきた。
    (実家にもみかん売りに来てたんだ!)

    「有り難う!庭にお花が咲いてたら、少し分けてほしいなぁ」と私。

    蜜柑と共に新聞紙にくるまれた庭の花が届いた!
    結構、たくさん。
    庭に咲いている目につくものは、みんな切ってきてくれたようだ。

    そうゆうことは、優しい父である。
    お茶をして、帰っていった。
    二度、心筋梗塞をやっているので、元気でいてくれるのがなによりだ。

    菊の花の香り
    部屋の中が、明るくなりました。

    感謝。
    | 日記 | 00:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>
    RECOMMEND
    四季旬菜100選
    四季旬菜100選 (JUGEMレビュー »)
    木村 惠一
    まず写真が美しい。勢いがある。そそられる。
    旬のものには、エネルギーがあるのが伝わってくる。
    一首添えられて、語られる文章は簡潔だが奥深い。
    「つくし」からはじまるのも嬉しくなった。
    どこからでも読み始められる気ままさもよい。
    手元に置いて、時々眺めたい一冊。

    RECOMMEND
    ハイライトで読む 美しい日本人
    ハイライトで読む 美しい日本人 (JUGEMレビュー »)
    齋藤 孝
    嬉しくなりました。
    ついひと昔まであった愛すべき、美しい日本人のあり方に触れることができたから。
    忘れ去られていたことが、なーんだ!ほんとはそうだったんだ!
    と明るい発見があるものでした。
    日本人のアイデンティティを考える時におすすめの一冊です。
    RECOMMEND
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技 (JUGEMレビュー »)
    原田 紀子
    着物が仕事着として機能的であることを知る貴重なお話。またぎの装束・たたら着・白衣・日常の中の着物。一番関心をもったのは「着物の手入れと再生」
    その中で、夢蔵の鈴木さんの記事を発見!!!著者の聞き書きの幅の広さに感心致しました。
    RECOMMEND
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて (JUGEMレビュー »)
    安藤 明子
    家庭をもち、子育てをしながら根付いた「サロン」
    慈しみ大切にする気持ちが伝わってきます。
    安藤さんのサロンはきものに通じるものがあります。
    「ギャルリ百草」にて安藤さんにお会いして、彼女のことをもっと知りたくて・・・
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE