着物〜はごろも

着物暮らしの徒然日記
着物まわりの人・もの・事柄
<< 昔の女性はできていた | main | ひとえコート >>
月日荘 秋にきものまわり
0


    前から一度行ってみたいと思っていた「月日荘」
    秋のきものまわり & カフェ

    シルバーの帯留・かんざし
    阿波屋さんの下駄・草履
    真田紐の帯締・つげのかんざし
    ショール・ラオスの布の名古屋帯・ジャワ更紗名古屋帯

    目の保養、目の保養と言いながら…ン

    三橋工房の型染め半幅帯には、ついクラクラと…
    みーんな広げてみてしまいました!
    両面、柄が違う半幅帯なんだもん!!!
    一本で二度美味しい!
    そして、二万円を少し切るお値段。

    「こちらの帯の柄とあちらの帯の柄を合わせて一本にできないかしら?」

    「う〜ん…。できるかどうか…工房に尋ねてみます。」

    わがままな事を申しておりました。
    できないなら諦めよう。しかし…。

    「ゆっくり待ちますから。」

    帯の件が落ち着き、
    窓際の席で季節のお菓子と珈琲を頂く。



    蚊取り線香が焚いてある。
    お店の方が、「煙は大丈夫ですか?」と お声かけ頂く。
    蚊の話から、「蚊帳を吊っている」と言うと「私も」と。

    今どき蚊帳も見かけなくなったというのに、
    よほど通じるものがあるんだと思ってしまう。
    初対面の方なのに…。
    なんだかもっと話をしてみたくなるが、ポツポツとお客さんがみえる。

    そろそろ次の約束の時間に間に合うように移動しよう。

    月日荘 秋のきものまわり
    10月10日〜21日
    午前11時〜午後7時

    名古屋市瑞穂区松月町4−9−2
    筺052-841-4418
    | お気に入りギャラリー | 00:13 | comments(2) | trackbacks(0) |
    コメント
    私も先日、月日荘へ行ってきました。
    三橋工房の品々、すてきですよね。
    夏に綿紅梅をいただきましたが、大変重宝しました。

    うふふ、うちも蚊帳を使ってます。
    | 花兎 | 2007/10/20 12:23 PM |
    花兎さま
    いやぁ〜驚き!
    意外にいるんですね!蚊帳愛好家。

    かづらさまから、ちらりと伺ったところ
    花兎さまとは、同じ地区在住とか。
    ますます御縁を感じております。
    | トビウオ | 2007/10/22 1:04 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kimono-hagoromo.com/trackback/502876
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    RECOMMEND
    四季旬菜100選
    四季旬菜100選 (JUGEMレビュー »)
    木村 惠一
    まず写真が美しい。勢いがある。そそられる。
    旬のものには、エネルギーがあるのが伝わってくる。
    一首添えられて、語られる文章は簡潔だが奥深い。
    「つくし」からはじまるのも嬉しくなった。
    どこからでも読み始められる気ままさもよい。
    手元に置いて、時々眺めたい一冊。

    RECOMMEND
    ハイライトで読む 美しい日本人
    ハイライトで読む 美しい日本人 (JUGEMレビュー »)
    齋藤 孝
    嬉しくなりました。
    ついひと昔まであった愛すべき、美しい日本人のあり方に触れることができたから。
    忘れ去られていたことが、なーんだ!ほんとはそうだったんだ!
    と明るい発見があるものでした。
    日本人のアイデンティティを考える時におすすめの一冊です。
    RECOMMEND
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技 (JUGEMレビュー »)
    原田 紀子
    着物が仕事着として機能的であることを知る貴重なお話。またぎの装束・たたら着・白衣・日常の中の着物。一番関心をもったのは「着物の手入れと再生」
    その中で、夢蔵の鈴木さんの記事を発見!!!著者の聞き書きの幅の広さに感心致しました。
    RECOMMEND
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて (JUGEMレビュー »)
    安藤 明子
    家庭をもち、子育てをしながら根付いた「サロン」
    慈しみ大切にする気持ちが伝わってきます。
    安藤さんのサロンはきものに通じるものがあります。
    「ギャルリ百草」にて安藤さんにお会いして、彼女のことをもっと知りたくて・・・
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE