着物〜はごろも

着物暮らしの徒然日記
着物まわりの人・もの・事柄
<< 安藤明子さんのサロン | main | ごきそ理想堂 リラクゼーション >>
菊柄の綿紅梅で
0


    10日 ミッドランドの着物ショーへ
    メイさんと菊柄の綿紅梅の浴衣でお出かけ。
    仕事帰りに寄れるのが、嬉しかったりする。

    偶然に二人とも「三勝」さんの綿紅梅!
    不思議と通じるものがあるんですね〜。
    世間は狭いもので、知っている方に声をかけられて…。
    シャッターを押してもらいました。

    有松・鳴海絞りの浴衣は楽しめましたが、
    十二単の実演については、辛口に厳しいチェック。
    衣紋道・山科流でも高倉流でもないし、
    申し上げることはありませんが…。
    ひとつひとつの所作の大切さを意識いたしました。

    すっかりお腹がすいて、メイさんに案内してもらい
    カウンターへ落ち着く。乾杯!
    八海山を冷で頂くメイさん。私は梅酒。
    アフターナインを楽しみました。
    | 日記 | 01:51 | comments(2) | trackbacks(1) |
    コメント
    こんばんわ、かづらです。

    先日ご一緒させていただいた、十二単の実演は、
    以前デパートで見た実演と全く違い、本格的でした。

    パフォーマンス的な着付けでは無く、実際的で、
    着る方への配慮も、素晴らしいと思いました。

    本物は違うな〜と、実感させられました。




    | かづら | 2007/08/15 12:01 AM |
    かづらさま
    コメントありがとうございました。
    本物を知る。そのものの意味を知る。と必然的に
    見抜く目が養われますね。

    残念ながら今回のショーは、
    お方さまへの配慮にずいぶん欠けるものでした。
    二重太鼓・着物姿の衣紋者にも、違和感あり。

    知らない方が、そうゆうものだと思われてしまうのが弊害です。
    | トビウオ | 2007/08/15 10:43 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kimono-hagoromo.com/trackback/445883
    トラックバック
    浴衣 通販らんど
    浴衣の女性が気をつけることをまとめました。ここ数年の浴衣ブームで夏になると街に浴衣姿の女性が溢れかえり日本...
    | 浴衣 通販らんど | 2007/08/12 4:11 PM |
    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>
    RECOMMEND
    四季旬菜100選
    四季旬菜100選 (JUGEMレビュー »)
    木村 惠一
    まず写真が美しい。勢いがある。そそられる。
    旬のものには、エネルギーがあるのが伝わってくる。
    一首添えられて、語られる文章は簡潔だが奥深い。
    「つくし」からはじまるのも嬉しくなった。
    どこからでも読み始められる気ままさもよい。
    手元に置いて、時々眺めたい一冊。

    RECOMMEND
    ハイライトで読む 美しい日本人
    ハイライトで読む 美しい日本人 (JUGEMレビュー »)
    齋藤 孝
    嬉しくなりました。
    ついひと昔まであった愛すべき、美しい日本人のあり方に触れることができたから。
    忘れ去られていたことが、なーんだ!ほんとはそうだったんだ!
    と明るい発見があるものでした。
    日本人のアイデンティティを考える時におすすめの一冊です。
    RECOMMEND
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技 (JUGEMレビュー »)
    原田 紀子
    着物が仕事着として機能的であることを知る貴重なお話。またぎの装束・たたら着・白衣・日常の中の着物。一番関心をもったのは「着物の手入れと再生」
    その中で、夢蔵の鈴木さんの記事を発見!!!著者の聞き書きの幅の広さに感心致しました。
    RECOMMEND
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて (JUGEMレビュー »)
    安藤 明子
    家庭をもち、子育てをしながら根付いた「サロン」
    慈しみ大切にする気持ちが伝わってきます。
    安藤さんのサロンはきものに通じるものがあります。
    「ギャルリ百草」にて安藤さんにお会いして、彼女のことをもっと知りたくて・・・
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE