着物〜はごろも

着物暮らしの徒然日記
着物まわりの人・もの・事柄
<< ハートの山葡萄 | main | 都忘れのミニ屏風 >>
あけびの下駄
0


    青森県弘前に出かけた折に立ち寄った「みかみ工芸」
    東北は蔓ものの宝庫!!!
    これから形になるであろう蔓がたくさん吊るされてあった。

    蔓もの好きの私もはじめて見る
    「姫あけび蔓の下駄」
    夏は素足に気持ちよく、足袋をはいても滑らず調子よい。
    左右がわかるように編み方を変えてあるのも心憎い。

    お店の方のお気に入りの鼻緒で挿げてくれることになり、
    待つこと一ヶ月。
    弘前のりんごの香りと共に送られてきた。

    仕事ではなく、プライベートのお出かけに履きたい下駄。
    足取りも軽やかに、しっかり歩いても疲れない。
    一年も経つと、ゴム底が擦り切れてしまったが、
    このたび、靴の修理をしてくれるお店で張り替えてもらった。

    大事に履きたい お気に入りの下駄。
    やはり好きな方からは、声を掛けられる一品です。

    | お気に入りギャラリー | 00:18 | comments(8) | trackbacks(0) |
    コメント
    こんにちは。初めてメールいたします。見知らぬものがメールしてすみません。着物好きの東京のおばさんです。たまたまですが、ブログを拝見いたしました。で、このあけびの草履に魅せられてしまい、思わず、みかみ工芸さんに注文してしまいました。鼻緒のストックが少ないので、浅草のお店で購入して付けてもらってください、とのことでした。明日届きます。この夏、さっそく履いてどこか行きたいなぁ、と思っています。お着物姿、素敵なので、今後もブログ拝見させていただきます。

    | N.I | 2009/05/27 11:20 PM |
    先のコメント、説明不足だったので。。。鼻緒は、いま、みかみ工芸さんにストックがあまりないとのことなので、草履の台だけ注文しました。
    だから近々、鼻緒は浅草でお気に入りのものを見つけて付けてもらおうと思っています。お写真の鼻緒渋くて素敵ですね。
    | IN | 2009/05/27 11:30 PM |
    N.Iさま☆
    初コメント、ありがとうございました。
    あけびの下駄にお目を留められるとは!!!
    この夏のお出かけが、楽しくなりますね。

    浅草はどちらに行かれますか?
    素敵な鼻緒がみつかりますように。

    先日、東京〜横浜へ行ってきましたが、
    浅草までは行く余裕が、ありませんでした。
    おすすめのお店がありましたら、お知らせくださいませ。

    今後とも「着物〜はごろも」をよろしくお願い致します。
    | トビウオ | 2009/05/28 9:38 PM |
    コメントのお返事ありがとうございました。ところで今日さっそく浅草に行ってきました。
    でも、浅草のお店はよくわからないのでネットで調べて、電話で鼻緒を付けてもらえるかどうか聞いてみました。2件目のお店が15分ぐらいで鼻緒を付けてくれるというので行ってみました。トビウオさんの草履のように渋めの鼻緒を探したのですが、これというのがなかったので、いかにも夏らしいベージュ系の麻の鼻緒を付けてもらいました。
    草履屋さんに聞いたら、やっぱあけびの蔓で作った草履は置いてないようです。「う〜ん、物産展とかでしか売ってないんじゃないの?」と言っていました。また草履の台の値段を聞いてびっくりしていました。お店の対応はとても親切で丁寧でしたが、私が思うに、この草履のよさを今イチ草履屋さんはわかっていなかったみたいです(笑)。
    | N.I | 2009/05/29 7:00 PM |
    N.Iさま☆

    浅草は、花川戸の合同履物さんですか?

    あけび蔓の下駄は、物産展でもみかけませんね。
    津軽塗りの下駄を扱うおばちゃんにみせて、みかみ工芸さんのことを話しましたら、
    次のときに津軽塗りと合体したあけび蔓の下駄がでてましたけど。
    山葡萄の下駄は、雑誌でもみたことがありますが、
    あけび蔓は、あまりないと思います。

    江戸っ子の草履屋さんには、よさがわからないかも。。。

    麻の鼻緒は、これからの時期にぴったりですね。
    さしつかえなかったら、画像で拝見したいです。
    | トビウオ | 2009/05/29 11:12 PM |
    鼻緒を付けてもらったお店は雷門2丁目の長谷川商店さんです。ご主人も奥様もとてもいい方でした。鼻緒は15分ぐらいですぐ付けてもらえました。
    ところでやっぱあけび蔓の下駄って作っていないんですね。渋くて味わい深い感じがとても好きです。
    私の下駄の写真ですが。。。このブログには添付?できないようなので
    さきほど私のブログに載せましたので、ぜひ見てください。
    トビウオさんのブログとちがって、友だち数人しか見ていないし、とっても地味な感じなので恥ずかしいのですが。。。。
    鼻緒がベージュ系の麻なので、いろいろ迷って選んだわりには、印象が平凡になってしまったかもしれません。
    | N.I | 2009/05/30 6:27 PM |
    N.Iさま☆
    ブログ拝見いたしました。
    麻の鼻緒が、爽やかですね。

    雷門2丁目の長谷川商店さんですか。
    名前だけは、聞いております。
    着物友達Fさんは、そちらでアザラシの鼻緒の草履を誂えたと見せていただきました。

    浅草に行ったら、行くように進められておりますが、
    まだ実現していません。
    機会がありましたら、是非!
    江戸の履き倒れ ですものね。
    | トビウオ | 2009/05/30 9:39 PM |
    トビウオさんのおかげで素敵なあけび蔓の下駄と出逢うことができました。
    ありがとうございました。
    またトビウオさんのブログ楽しみにしております。
    | N.I | 2009/05/30 10:10 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>
    RECOMMEND
    四季旬菜100選
    四季旬菜100選 (JUGEMレビュー »)
    木村 惠一
    まず写真が美しい。勢いがある。そそられる。
    旬のものには、エネルギーがあるのが伝わってくる。
    一首添えられて、語られる文章は簡潔だが奥深い。
    「つくし」からはじまるのも嬉しくなった。
    どこからでも読み始められる気ままさもよい。
    手元に置いて、時々眺めたい一冊。

    RECOMMEND
    ハイライトで読む 美しい日本人
    ハイライトで読む 美しい日本人 (JUGEMレビュー »)
    齋藤 孝
    嬉しくなりました。
    ついひと昔まであった愛すべき、美しい日本人のあり方に触れることができたから。
    忘れ去られていたことが、なーんだ!ほんとはそうだったんだ!
    と明るい発見があるものでした。
    日本人のアイデンティティを考える時におすすめの一冊です。
    RECOMMEND
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技
    聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技 (JUGEMレビュー »)
    原田 紀子
    着物が仕事着として機能的であることを知る貴重なお話。またぎの装束・たたら着・白衣・日常の中の着物。一番関心をもったのは「着物の手入れと再生」
    その中で、夢蔵の鈴木さんの記事を発見!!!著者の聞き書きの幅の広さに感心致しました。
    RECOMMEND
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて
    安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて (JUGEMレビュー »)
    安藤 明子
    家庭をもち、子育てをしながら根付いた「サロン」
    慈しみ大切にする気持ちが伝わってきます。
    安藤さんのサロンはきものに通じるものがあります。
    「ギャルリ百草」にて安藤さんにお会いして、彼女のことをもっと知りたくて・・・
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE