着物〜はごろも

着物暮らしの徒然日記
着物まわりの人・もの・事柄
取れたて野菜
0


    大家さんからのおすそ分け。
    「きゅうりに、まだ花がついているよ。」と、ナスときゅうりを頂く。

    新鮮な野菜のエネルギーをそのまま食す。
    元気を頂く。

    新玉葱から、ジャガイモ、そして、きゅうり、なすと、季節にあわせて、
    味わうことのできる有り難さ。

    畑はないけれど、色々な方からの温かいおすそ分け。

    感謝。
    | 食べ物 | 22:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スマイル弁当
    0

      にっこりと、してみました。

      ある方の日記で、

      『朝目が覚めたら、声に出して
      「ああ、今日はいい日だったあ」と言ってごらんなさい。
       いい日になりますように ではなくて「いい日だった」ですよ。
      「色んな事が、うまく運んで(ここは好きなように言い換えて)
       ほんとに今日は、いい日だった。」と声にだして3回ほど。
       毎朝、気持ちを込めて「いい一日でした。ありがとうございます。」と
       三回唱えるといいよ。』

      というのを読んだ。
      それ、私も頂きます('-^*)/



      スマイル弁当。
      笑顔を頂きました。
      | 食べ物 | 00:11 | comments(2) | trackbacks(0) |
      梅ジュースと梅ジャム
      0


        先日、fatomataさんちで頂いた梅たちが変身しました。

        梅ジュースと梅ジャムです。

        梅は冷凍庫で凍らしてから、瓶に氷砂糖と交互に入れる。
        7〜10日でエキスがでるので、梅を取り出す。
        梅ジュースは、保存する瓶に入れて、発酵が進まないように、
        瓶のまま湯せんにかける。

        取り出した梅は、種を取り、鍋に入れ、水と砂糖を入れて煮る。
        アクを取り、焦がさないように木べらで混ぜて煮詰める。

        昨年よりも二週間早い出来上がり。

        今年の夏も、この梅たちで乗り切ろう!

        | 食べ物 | 00:32 | comments(2) | trackbacks(0) |
        うちのぬか漬け
        0


          今年、ひっそりと、ぬか漬けデビューを果たしていた。
          でも、すぐにぬか床をダメにしてしまったら…と、様子を見ていた。

          三日間家を空けて、その後、風邪で体調不良。。。
          それでも、なんとかやっていたが…。
          スイカの皮をたくさん漬けて一日放置していたら、台無しに…。
          皮は捨てて、表面の白くなったところも捨てた。
          でも水っぽい。。。

          心強い助っ人!ならぬ「出し入りのぬか」が家にやってきた。
          早速まぜて、糠だけを味見しても美味しい!

          その助っ人さんは、色々な漬物、らっきょう、梅干など、手作りをされて、どれも美味しいのである。
          たまたま、ぬか漬けの話になり「出し入りのぬか」を作っておくと聞き、
          どんなものか知りたくて、少し分けてもらった。

          昔の農家の知恵。
          ぬかがたくさんでるので、ぬかを煎って、塩を入れ、冷ました出汁を入れて
          混ぜてから、天日に干す。
          すると「出し入りのぬか」が出来上がるので、保管。
          使いたい時に使用する。



          ぬかを煎り、塩を入れるところまではやってみた。
          出汁は、冷ましている。
          ここまできて、素朴な疑問。。。

          明日、お日さまに干すのはいいが、
          美味しそうな匂いで猫とかやってこないかしら???
          風に吹かれて飛んでいかないかしら???
          あ〜、干し方まで聞いておけばよかった。。。
          明日は、晴れそうなので庭に干してみよう。
          といっても庭に放置して仕事に行っちゃうけど、大丈夫かしら。

          うまこさんのブログで、ぬか漬けのことが載っていて、
          手でかき混ぜない、とありました。

          しかし、私は手でかき混ぜます。

          こんなことが書いてある、ぬか漬けの本を読んだからです。
          題を忘れてしまったのですが、詳しく書かれていました。

          「健康な赤ちゃんを産んだお母さんが素手でかきまわすのが、
           ぬか床にとって最高の手入れになります。
           人間のからだには、誰にでもさまざまな菌がついています。
           乳酸菌もその一つ。
           素手でかき混ぜることが常に乳酸菌の補給になるのです。
           人の手についている乳酸菌の種類は、その人によって違うので、
           どんな乳酸菌が補給されるかが、その家庭によって違うのです。
           つまり、各家庭のぬか漬けの味は、ぬかをかき混ぜている人の持っている
           乳酸菌の味なのです。」

          よく洗った手で、ぬか床に手入れをするつもりで、上と下を入れ替える感じで、かき混ぜています。



          ぬか漬けの置いてある場所は、冷蔵庫の野菜室。
          隣にはラップした甘夏みかんが、並んでいます。
          | 食べ物 | 23:58 | comments(8) | trackbacks(0) |
          今日のおやつ
          0
            おかげさまで、けっこう忙しくて有り難い事です。
            で、今日のおやつ。



            白玉がもちもち〜。

            「白玉屋新三郎」
            ジェーアール名古屋眦膕亜大九州展にて

            もちろん、今年も八女の柚子こしょうも購入致しました。
            東京では明治屋で、名古屋では成城石井で購入できるそうです。
            | 食べ物 | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
            あんこ
            0
              コトコト小豆を煮込んだお手間入りのあんこのおすそ分け。



              トーストしたパンにバターを塗ってあんこをのせて、
              あんトーストで頂きました。



              咳止め飴を一袋舐めちゃったけれど、まだ咳が残る。
              夏風邪は長引くとは聞いていたけれど…なかなかしつこい。

              このあんこで元気がでるかな。
              | 食べ物 | 23:13 | comments(4) | trackbacks(0) |
              お弁当箱
              0


                春は、新しいお弁当箱が、ずらりと売り場に並ぶ。

                「どかんや」さんで見つけた刳り貫きのお弁当箱は、素敵だったが…、
                値段も素敵だった。。。
                1600円の網代のお弁当箱は、なかなかいい感じ!
                HAKOYA たつみ漆器さんの網代シリーズでした。



                二段のものは、ご飯だけの日には一段のみ使えるのが、私向き。
                山葡萄のかごにも入る幅。
                なかなか買えなかったお弁当箱を買っちゃいました。

                胡麻油も手に入れて「食欲の春」…充実しています。


                | 食べ物 | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
                サビない人に
                0


                  一年前に手にした「関根の胡麻油」
                  JR名古屋タカシマヤの「味百選」にて。
                  そして、また今年も「味百選」が、巡ってまいりました。

                  一年分をまとめ買い!!!
                  8kg缶で一年分とのこと。
                  重いから送ってもらう。JR名古屋眦膕阿任賄豎せ宛の配送料210円。
                  今年は、これで無事に暮らせるわ。


                  頂いたパンフレットの招き猫もいい味出してます。

                  ゴマに含まれるセサミンは、酸化を抑える働きと共に、肝機能を高める作用が有るといわれています。
                  昔ながらの質の高い胡麻油の一番搾り。
                  匂いもほのかで、クセの無いさらりとした口当たりです。
                  アーユルベータに使われ癒しの効果もあるようです。

                  「サビない人には、よい油と、よい塩と、よい水よね!」
                  「その通り!」



                  東男の17代目の関根社長と。



                  | 食べ物 | 21:41 | comments(2) | trackbacks(0) |
                  春のワッフル
                  0


                    食欲の春かしら。。。

                    仕事帰りに、打ち合わせを兼ねて「ぶどう園」へ。

                    春のワッフル
                    いちご と さくら

                    | 食べ物 | 21:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    プチベール
                    0

                      新しい野菜には、チャレンジしてみたい派です。
                      「プチベール」
                      TVでは見たことがありましたが、まだ手を出しておりませんでした。

                      まずは、さっと茹でて食べてみると味はブロッコリー。



                      鶏肉を入れ野菜炒めもイケマス。



                      なんだか食欲の春???
                      | 食べ物 | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>
                      RECOMMEND
                      四季旬菜100選
                      四季旬菜100選 (JUGEMレビュー »)
                      木村 惠一
                      まず写真が美しい。勢いがある。そそられる。
                      旬のものには、エネルギーがあるのが伝わってくる。
                      一首添えられて、語られる文章は簡潔だが奥深い。
                      「つくし」からはじまるのも嬉しくなった。
                      どこからでも読み始められる気ままさもよい。
                      手元に置いて、時々眺めたい一冊。

                      RECOMMEND
                      ハイライトで読む 美しい日本人
                      ハイライトで読む 美しい日本人 (JUGEMレビュー »)
                      齋藤 孝
                      嬉しくなりました。
                      ついひと昔まであった愛すべき、美しい日本人のあり方に触れることができたから。
                      忘れ去られていたことが、なーんだ!ほんとはそうだったんだ!
                      と明るい発見があるものでした。
                      日本人のアイデンティティを考える時におすすめの一冊です。
                      RECOMMEND
                      聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技
                      聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技 (JUGEMレビュー »)
                      原田 紀子
                      着物が仕事着として機能的であることを知る貴重なお話。またぎの装束・たたら着・白衣・日常の中の着物。一番関心をもったのは「着物の手入れと再生」
                      その中で、夢蔵の鈴木さんの記事を発見!!!著者の聞き書きの幅の広さに感心致しました。
                      RECOMMEND
                      安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて
                      安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて (JUGEMレビュー »)
                      安藤 明子
                      家庭をもち、子育てをしながら根付いた「サロン」
                      慈しみ大切にする気持ちが伝わってきます。
                      安藤さんのサロンはきものに通じるものがあります。
                      「ギャルリ百草」にて安藤さんにお会いして、彼女のことをもっと知りたくて・・・
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE