着物〜はごろも

着物暮らしの徒然日記
着物まわりの人・もの・事柄
六月の今昔庵
0


    軒下に風鈴がいくつも下がっており、あまり風の無い日でしたが、
    お茶をしているときに、涼やかな音色を楽しむことが出来ました。

    夏のひざしのなかで、見上げると山の頂上にはお城が見えます。
    今昔庵の庭を眺めながら、ティータイム。
    鮎のお菓子は、作品展をされている方からの差し入れ。



    今日の松岡美紗さんは、沖縄の綿の着物をお召しでした。
    お持ちの沖縄の反物を見せてくださいました。


    綿の細かい花織り


    絹の夏物 ほんの一箇所の傷で規格外になったもの
    「こんなに細かく織られているのに涙が出ちゃうね。」と。


    | | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
    お染さんとランチ「山帰来」
    0


      お染さんがパスタランチに誘ってくれた。
      お知り合いのお店「山帰来」(SANKIRAI)
      岐阜市北一色10-8-11
      TEL 058-240-0116

      夏風邪を引きなおし、ちょっとぼんやり気味。
      外気が暑いのか、自分が熱いのか、わからない。。。

      夏野菜のトマトソース パスタを頂く。
      カウンター越しに巨大ズッキーニを発見。

      マスターから、ズッキーニ話を聞く。
      「雨の日にはズッキーニを取ってはいけないよ。
       なぜなら、取った所から腐ってくるから。
       葉が傷ついても、そこから腐ってくるからね。」

      思ったよりデリケートな野菜なんだ、と知りました。
      そんなことを思いながら頂くズッキーニは、よりいっそう美味しい。

      パスタを頂き、少し元気が出る。
      それまでは、写真を撮る元気がなかったのでした。



      猫好きには、立ち寄って頂きたいお店です。



      ママが「着物いいねぇ」とお声かけ下さって、見送りまでしてくださった。
      お店の外には、ブルーベリーや栗の木があり、
      薪ストーブ用の薪も積み上げられていました。
      今度は、寒くなり薪ストーブの頃に伺いたいな。。。

      そして、ティータイムをかねて、今昔庵さんへ向かう。

      | | 22:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
      七緒 Vol.14
      0
        七緒 Vol.14に見慣れた帯が載っていました。

        ★「大人の半幅帯」指南

        月日荘にて購入した三橋工房の半幅帯
        白梅の柄は、実は、隠れキリシタンの方向けの柄だそうで、
        よくみると花と花の間の十字は、クロスをあらわしている。
        なるほど。
        江戸時代から続く三橋工房さんならではの柄にまつわるお話でした。

        ★りんごの香り満ちた津軽へ
         あけび蔓細工とこぎん刺しに会いに

        2003年7月から四年程、出張の仕事であちこち出かけておりました。
        その合間に立ち寄ったあちこちの旅の思い出。
        その中でも素敵な出会いがあった青森弘前。

        三年前の十月の終り頃、
        せっかく弘前に来たのだからと電話予約をして訪れたのが
        「弘前こぎん研究所」
        七緒でも紹介があったように、二階で作業しているところを見学できます。
        商品も見せていただき「こぎん刺しの帯」に心惹かれる私でした。
        ああ、いずれの日にか…と思いつつ、今に至っております。

        さて、帰ろうかなぁと思った時に一人の女性に声をかけられました。
        「一緒にこぎん刺し体験しませんか?」
        小田原からの旅行の女性。
        ご一緒に、こぎん研究所の方に教えていただきながら、
        栞に図案に従いこぎん刺しを体験。

        「こぎん」は弘前市付近の農村で、1764年、明和の頃に生まれ且つ育った
        異色ある刺しゅうです。昔は自家製麻布を藍で染め、それに白綿糸で刺し、
        専ら衣服に仕立てて着用していました。
        農村の娘である限り、誰もがみな五、六才ともなれば一かどの刺手となり、
        競って美しいこぎんを刺すため努めました。
        そうした事情によって発達したこぎん文様が今日、民芸品として最高のものであることが認められ、その応用作品が、多くの人々によって愛用されるようになりました。
        「つがる、刺しこぎん」 (弘前こぎん研究所より)



        無事、こぎんを刺し終えて、
        「よろしかったら、もう一軒ご一緒に。」と誘われたのが、
        「みかみ工芸」
        ちょうど、「ゆずりは」にて購入した山葡萄の籠を持っていた私。
        「みかみ工芸」は「ゆずりは」の田中陽子さんとも御縁があると知った。
        ご一緒した方は、こんな御縁がなければ手にいれることはなかったと
        とてもきれいな田中昭三氏の山葡萄の籠を購入。
        私は
        あけび蔓の下駄
        を注文。大切に履いている。

        七緒 Vol.14は、懐かしい思い出を蘇らせてくれました。

        先日の「和煦」も「七緒」も「着物はごろも」との繋がりが発見でき、
        嬉しく思っているこの頃。
        これから、少しづつ旅の思い出を整理していきたいなぁ。











        | | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
        柚子こしょう
        0


          お茶屋さんの「自家製柚子こしょう」だということを今日、知りました。

          ジェイアール名古屋タカシマヤ 10階 特設会場にて
          「大九州展」を覗いてみたら…。

          「すみの八女茶」の前を通りかかり…ん?
          家の冷蔵庫に入っている「柚子こしょう」と同じものが、並んでいる。
          それも茶屋さんの隅っこの方に、ちんまりと。

          お茶畑のまわりに唐辛子を植えている、と聞きました。
          お茶屋の主人が道楽で造った「柚子こしょう」



          ほんの少し入れるだけで、味が引き締まり、美味しくなる。

          作れる量が少なく、売る切れたら来年まで待たないと手に入らない。
          まだ、半分ほど残っているが、もう一個買っておこう!
          そうそう、おうち使いのお茶も!



          まわりの人に話してみると、けっこう「柚子こしょう」好き!!と
          返事が返ってきました。
          お気に入り、すみの八女茶「自家製柚子こしょう」
          40g 525円

          大九州展は10日(火)まで!

          | | 23:43 | comments(1) | trackbacks(0) |
          日本料理「和楽」
          0
            和楽さんとは、もう二十年以上のお付き合いになる。
            はじめから、和楽さんだったわけでなく、
            私も着物暮らしでもなく…の頃からである。

            一軒屋の民家を日本料理屋さんにされたのは、
            三年くらい前でしょうか?

            「春はお花見山菜料理、夏は納涼、秋は収穫の喜び、冬は鍋物で暖をとる。
             忘れかけた日本の季節の移り変わり、美しさ、美味しさを
             懐石料理に仕立てます。」
             奥様は、ケーキ作りはもちろん、和菓子も習得されて
            「和楽」のお茶の時間を美味しく彩っています。

            電話予約されてからお出かけされることをオススメします。
            タクシーで来店されると、ワンドリンクのサービスがありますよ!

             日本料理 「和楽」
            名古屋市千種区日岡町1−4−1
            筍娃毅押檻沓毅院檻娃毅僑
            火曜・水曜 定休日

            お昼 午前十一時〜午後二時
             ☆箱御膳   1500円
             ☆御予約懐石 ご予算に応じます
            お茶 午後一時〜午後五時
             ☆和菓子セット 500円
              月替わりの和菓子と各種お茶の組み合わせをお選びいただけます。
            夕食 午後五時半〜午後九時
             ☆おまかせ懐石 2500円から
             ☆各種鍋物   3000円から
              ※夜席は前日までの予約のみとさせていただきます。
            | | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
            五目あんかけうどん
            0


              昨日は、友禅教室でした。

              お昼はいつものお店「いろは」へ。
              決まって頼むのは「五目あんかけうどん」950円
              冬季限定メニューのため夏は食べられない。
              ボリュームあり!

              男先生は、「うどん定食」850円
              ごはんもうどんもタップリ!揚げ物も一品ついてきます。

              ふぅ〜、お腹から温まりました。
              | | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
              十二単巻
              0


                「十二単巻」とは、雅やかな名前のついた巻き寿司

                 具は15種類。
                 食べ進みながら、色々な味のハーモニィーが楽しめます。

                 名鉄百貨店7階 大九州展にて
                 10月9日まで

                 出店は、 大分の誉寿司
                 イートインできるのが嬉しかった

                 十二単という言葉の響きがよいのでしょう。
                 実際の女房装束の十二単も12枚ではなく
                 単(ひとえ)・五衣(いつつぎぬ)・打衣(うちき)・表着(うわぎ)・
                 唐衣(からぎぬ)・裳(も)を入れて九枚です。
                 
                 お稽古の前に「十二単巻」をひとつ。
                | | 01:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
                手打ち味噌煮込みうどん いろは
                0


                  夏でも食べたい「味噌煮込みうどん」
                  冷房で体が冷えると、温まりたくなる。

                  手打ち味噌煮込みうどん いろは
                  名古屋市西区栄生二丁目二番十四号
                  052-551-0431
                  11時〜15時・17時〜20時
                  日・祝休み

                  かしわ入り味噌煮込みうどん ¥800
                  うどん定食         ¥800
                  いろはうどん        ¥850

                  お値段もお手頃です。 
                  味噌煮込みのうどんも固過ぎず、程よく、飽きない味。
                  卵入り・もち入り・かつ煮込みなど、バリエーションあり。

                  お腹か空いていたら、うどん定食もおすすめ。
                  うどん、ごはん、漬物、フライもの、がついて¥800!
                  ボリュームたっぷり!

                  白だし?かしら。お店の名前がついた いろはうどん

                  変わらない 名古屋の味!

                   
                  | | 00:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  優雅なティータイム
                  0
                     カフェ・タナカのムース           季節のパフェ・ ざくろのジュース


                    連休は嬉しい!
                    朝、京都から名古屋に戻り、
                    もう20年近い付き合いになる「一宮の母」と会う。
                    休みにゆっくり会うのは5〜6年ぶり。
                    実の母親と歳が同じなので、たまにそう呼ぶ。
                    思いやりがあり、健康と美容に対する取り組みは熱心だ。
                    以前より、元気になり、きれいになっている。

                    Cさんも合流して、優雅な時間。

                    51階パノラマサロン カフェド・シエル。
                    タカシマヤがとり扱う店のケーキが選べる。
                    カフェタナカのムースは、マンゴーのマカロンと
                    パッションフルーツムースの下にチョコムース 絶妙なバランス!


                    ミットランドが同じ目線で見える




                    | | 03:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    ごきそ理想堂 リラクゼーション
                    0


                      名古屋市昭和区御器所の地下鉄御器所駅4番出口すぐにある
                        「理想堂」 リラクゼーション

                      知り合いがいるので、遊びに行ってきました。
                      疲れが溜まっていた友人が、施行を受け
                       「楽になった〜♪」と。

                      今のところ調子よいので、
                      困ったらお願いすることにしようっと。

                      疲れが溜まっている方にはオススメです。

                      リラクゼーション(一指全整筋法)
                      部分すっきりコース(30分) 3000円
                      全身すっきりコース(60分) 5000円

                      筺052-852-0686
                      午前9:00〜午後8:00(予約制)

                      | | 22:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>
                      RECOMMEND
                      四季旬菜100選
                      四季旬菜100選 (JUGEMレビュー »)
                      木村 惠一
                      まず写真が美しい。勢いがある。そそられる。
                      旬のものには、エネルギーがあるのが伝わってくる。
                      一首添えられて、語られる文章は簡潔だが奥深い。
                      「つくし」からはじまるのも嬉しくなった。
                      どこからでも読み始められる気ままさもよい。
                      手元に置いて、時々眺めたい一冊。

                      RECOMMEND
                      ハイライトで読む 美しい日本人
                      ハイライトで読む 美しい日本人 (JUGEMレビュー »)
                      齋藤 孝
                      嬉しくなりました。
                      ついひと昔まであった愛すべき、美しい日本人のあり方に触れることができたから。
                      忘れ去られていたことが、なーんだ!ほんとはそうだったんだ!
                      と明るい発見があるものでした。
                      日本人のアイデンティティを考える時におすすめの一冊です。
                      RECOMMEND
                      聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技
                      聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技 (JUGEMレビュー »)
                      原田 紀子
                      着物が仕事着として機能的であることを知る貴重なお話。またぎの装束・たたら着・白衣・日常の中の着物。一番関心をもったのは「着物の手入れと再生」
                      その中で、夢蔵の鈴木さんの記事を発見!!!著者の聞き書きの幅の広さに感心致しました。
                      RECOMMEND
                      安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて
                      安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて (JUGEMレビュー »)
                      安藤 明子
                      家庭をもち、子育てをしながら根付いた「サロン」
                      慈しみ大切にする気持ちが伝わってきます。
                      安藤さんのサロンはきものに通じるものがあります。
                      「ギャルリ百草」にて安藤さんにお会いして、彼女のことをもっと知りたくて・・・
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE