着物〜はごろも

着物暮らしの徒然日記
着物まわりの人・もの・事柄
上布のこと (宮古上布・八重山上布)
0


    お土産に八重山上布ハンカチを頂いた。
    といっても、上布がハンカチになったわけではなく、
    麻11% 綿89%の生地に絣柄を染めたものです。
    ありがたく使わせてもらっています〜♪

    八重山諸島へお出かけされ、お土産を下さった方は、
    昨年、八重山上布と宮古上布を京都の骨董屋さんでみつけ、
    今年の夏デビュー!
    宮古上布の細かい絣がとても素敵で、お似合いでした。

    昔着物の催事にて、見かけた八重山上布白地の反物は28万円。。。
    実は、その絣の柄と良く似た上布が家にあるのですが…。



    「豚に真珠」「猫に小判」のたとえがピッタリの人が、
    反物であった上布を半分に切って、さえない洋服にしてしまった。
    そして、翌年に私には似合わないからあげる。と手渡された。
    ああ、着物で着てからにしてほしかった!と、
    嘆かずにはいられませんでした。



    さて、上布にも産地ごとに特徴があります。
    ここでは、沖縄のものを上げてみます。

    ちょうど、7月28日(火)まで
    ジェイアール名古屋タカシマヤ 10階 きものサロン にて
    「琉球の絣と布展」が開催されています。
    上布もご覧いただけます。
    お時間のある方は、お出かけくださいませ。

    まずは、八重山上布(やえやまじょうふ)
    苧麻(ちょま)<上質の麻。イラクサ科の多年草でカラムシともいう>から糸を作り、八重山自生の植物で染め、日光と海水に晒します。

    八重山上布には二つの染色方法があります。
    一つは、捺染(なっせん)です。
    八重山でしかない紅露(ぐーる)をすりおろし、絞り汁を日に干して濃縮液をつくり、
    竹筆で糸に摺り付けて糸を染めます。
    八重山式高機で織り上げたら10日から1ヵ月ほど日に晒します。
    植物染料の多くは日に当てると色が褪せるが、紅露は日に当てることで発色し、
    丈夫な染めになります。
    そして、海晒し。海中で5時間位晒します。
    その後水洗い、蒸してから干し、上布を丸太に巻き、木綿の布の上から杵(きね)で叩き仕上げます。

    他の染料は、琉球藍、フクギ、石榴、ヤマモモ、椎の木、テーチ等、
    八重山自生の植物が用いられます。
    もう一つの染めは、糸を括って染料を染める括染(くくりぞめ)です。

    こちらは、手間がかかるため産業としては成り立たず、明治末期頃から
    途絶えてしまいました。
    それを復活させたのが、新垣玲子氏。
    新垣氏が染色の仕事をはじめた昭和47年頃は、白地に茶絣の捺染ばかりつくられ、大量生産されてていました。捺染は紅露しか使えません。

    日本民芸館で、新垣氏は、渋い黄色に細かい藍の絣の入った「紺縞上布」を
    みて、この括染をやっていこうと取り組み、百年ぶりに括染を復活させました。
    捺染も海晒しを復活させたことで品質が良くなりました。
    ミリ単位の柄など括染にはできないものが、捺染はできます。
    白地に茶絣の捺染と、色とりどりの括染。
    今、八重山では二つの上布を楽しむことが出来ます。

    海晒し(うみさらし)とは、
    漂白方法のひとつで、織り上がった布を海中につけて晒すこと。
    布についた石灰た不純物を洗い落とし、布を白くするだけでなく、
    絣の色を際立たせる効果がある。かつては沖縄のいたるところで行われていたが、現在では宮古上布、八重山上布に一部残っている。



    宮古上布(みやこじょうふ)
    宮古上布は、苧麻(ちょま)の栽培、苧績み、絣締め、染め、織り、砧打ちに分業され、何人もの人の手を経て作られています。
    髪の毛ほどに細く裂いた苧麻の繊維を結ばずに撚り合わせて一本に。
    そして糸車で撚りをかけて糸を作ります。
    経糸(たていと)は丈夫にするために糸二本を一本に撚り、
    一反分の糸をつくるのに三ヶ月以上かかるといわれています。
    一反の重さが250〜400g。
    糸は文様に合わせて大島紬と同じ締め機を施してから、泥藍で染められる。
    そして、経糸、緯糸を十字にあわせて文様を織り出していきます。
    一日20cm織るのがやっとだと、いわれます。
    織りあがったら砧打ち。ロウを引いたような光沢が出る仕上げになります。

    絣の製法には、締め機法の他に手括り法があり、
    染めは、琉球藍でくりかえし染め上げますが、
    現在では、ヒルギ、ヤマモモ、フクギなどの植物染料により色、柄をつけた
    色の上布も織られています。

    数年前に、藍の大島がつくられなくなって、
    昔からの藍染め、締め機のロウを引いたような光沢がある宮古上布も
    つくられなくなってしまったそうです。

    「琉球の絣と布展」でも新里玲子氏のコレクションが中心でした。

    つくられなくなるものがある一方で、熱心に取り組み復活させるものがあります。
    染めも織りも、作り手の想いが込められ出来上がる布。
    着るものもその想いを感じながら身に纏いたいものです。

    とはいっても、残念ながら、上布はとても手が出せません。。。



    | | 00:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
    国立能楽堂コレクション
    0
      チケットを頂いたので、仕事帰りに駆け足しで行ってきました。

      松坂屋美術館 国立能楽堂コレクション

      狩衣や長絹が特によかったです。
      これをみると、若松華謡の長絹の帯が欲しくなります。

      能面も見ごたえがありました。
      人間の色々な表情を品を落とさずに、このように表せるものなのかと感心。
      もっとゆっくり眺めていたかったけれど…時間が無い。

      7月26日(日)まで。
      お時間のある方は、是非、お出かけくださいませ。
      | | 23:29 | comments(2) | trackbacks(0) |
      ささべり
      0
        保多織りの着物の衿がやっと付きました!!!
        普通ならここで完成なのですが…。

        ハードユーザーの私は、ささべりを付ける作業が残っています。



        ささべり(笹縁)とは、衣服一部分を布(組み紐)で細くふち取ること。
        また、縁取ったもの。 -国語辞典(新明解)

        着物の袖付け止めや身八ツ口の止めに共布(1寸×5分)でふち取るように
        付け、補強します。計6箇所。
        最近の着物では、見かけなくなりましたが、
        ほつれやすい所なので、私の着物には必須です。

        最後に面倒な作業ですが、欠かせません。
        仕立てを頼むときも、ささべりを付けてもらいます。



        完成!!!
        六月の単衣にぎりぎりセーフで、袖が通せます。
        また着姿をアップしますね。
        トビウオの帯を合わそうかな



        さて、梅ジュースで疲れを取りませう。


        ※注意事項
         自分の着る単衣もののみ、なんとか縫っております。
         お仕立て、お直し、リメイクの依頼は、和裁士さんにお願いしています。
         ご相談、お取次ぎは致しますので、お気軽にお尋ねくださいませ。
        | | 01:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
        保多織りをチクチク
        0


          しっとりと曇り〜雨降り。
          午後からは、保多織りの脇縫いをチクチク。
          六月単衣に間に合いますように。

          保多織りについては、岩部保多織本舗HPをご覧くださいませ。

          実際に生地を触ってみると、気持ちよさを感じます。

          ついうっかり???ハギレを頂き、
          触っているうちに、単衣の着物で着たら気持ちよいだろうなぁ〜と。
          岩部さんの策略にはまってしまいました(笑)

          六月に着るべく、チクチク縫っています。
          この縞、じっと見ていると目がチカチカしてくるんですよね。



          晴れて、着姿をアップできますように。
          | | 20:25 | comments(4) | trackbacks(0) |
          メイさんの着物
          0
            私の着物姿をみて「メイさんの着物ですね?」と言われた。

            二年前、隠れ家ギャラリーえんの個展で、目に留まった着物。
            もちろん、印象に残ったのは私だけではない。
            あの時の…と、メイさんの個展のことやえんのことに話が続く。
            着物の仕立ては、えんのkimoさんにお願いした。

            先日も、藍と絣が好きな方の目線が、熱く着物に注がれていたのを
            強く感じた。もちろん話題は着物の作り手メイさんのことに。

            それってすごいことなんじゃないかって、改めて感じ入る。
            それくらい力のある着物なんだって!
            元気を出したいときには、メイさんの着物に袖を通す。
            さあ、頑張ろうと思える。

            メイさんに、どんどん着込んでいくから見届けてね。と約束している。

            人の出会いも着物の出会いも、よい縁を得ることから幸せが生まれる。

            メイさんのHP「もめんおり」
            私の着姿も載っています。探してみて!
            | | 23:37 | comments(4) | trackbacks(0) |
            今年の牡丹
            0
              桜も満開から、散り始めました。
              週末は、お祭りですし、新たな一枚を王番さんにそろそろ届けないと。

              今年の牡丹を描いてみました。


              | | 22:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
              女の子の会話
              0
                仕事帰りの名古屋駅。
                後から、女の子の会話が聞こえてきました。

                「○○ちゃん、きもの着たことある?」
                「うーん。。。」
                「この一年くらいの間で、ある?」
                「えーっと。。。」
                「わたし、あるよ〜。七五三で。」

                ちらりと振り返ると、手をつないだ女の子が二人、私の後をついてきます。
                なんだか、ほほえましい。
                でも、後をついてきて大丈夫かしら???
                と思ったときに、

                「あー、そっちじゃない!」

                私は左に。女の子たちは右に。分かれていきました。

                小さい頃から着物を着る経験をしていたら、街で着物姿の人をみかけて、
                自分の着物の思い出がよみがえるのでしょうね。



                今日は、春らしいお花のコート。
                その女の子から、
                「私も着たことがあるんだよ〜!」と声をかけてもらっているようでした。

                | | 23:14 | comments(2) | trackbacks(0) |
                水通し
                0


                  単衣に向けて、綿の反物をまずは水通し。
                  何度か水にくぐらせて、しっかり縮ませてから仕立てます。

                  布団干しになんとか干してみました。

                  「大人可愛い」
                  大人のピンク系にチャレンジしてみたいと思います。

                  いつ頃出来上がるかしら…それが問題!

                  さて、ジェーアール名古屋タカシマヤ10階 きものサロンにて、
                  月末まで展開している新装大橋の特選「無松」。
                  洒落系のコンセプトの中にも「大人可愛い」が!

                  米沢の新田さんの紅花紬が、縞・格子・縞と格子と三種ありました。
                  大人のピンク!
                  なんといっても新田さんの紅花…柔らかな優しい色です。

                  | | 21:34 | comments(2) | trackbacks(0) |
                  豊浜太鼓打ち着物
                  0

                    知多半島の南にある漁師町 豊浜(とよはま)
                    鯛まつりは、南知多の奇祭として有名になりましたが、
                    晩ならしと本祭りの三日間は「大鯛」のほかに「太鼓打ち」があります。

                    この太鼓打ちの着物を保存・管理・年に一度の展示をされている方に
                    見せていただきました。

                    子供の頃からみていた「太鼓打ちの着物」は今どうなっているのだろう?と
                    訪ね歩く。
                    すると、代がかわり捨ててしまった、という家もあり、保存、管理するようになる。
                    どれほどの価値があるのか?を確かめに京都の刺繍家・長艸氏にみてもらう。
                    すると、今では珍しい技法や山車に使う技法が使われていたりと貴重なものとわかる。
                    そこで、豊浜の宝としようと、年に一度展示をはじめた。

                    今年は、11月7日(土)・8日(日)と伺っている。
                    豊浜の体育館にて。
                    「着物でお出かけ」で、ぜひ出かけたいですね!
                    美味しい魚も味わいつつ、貴重な着物を拝見しましょう。
                    150枚は、見ごたえありますよ〜!!!

                    「太鼓打ち」とは、晩ならしと本祭りの三日間、小学校4、5年生の男の子二人で太鼓打ちを行います。
                    各地区「半月・中村」「鳥居・東部」でペアを組み、半月・東部が男役、中村・鳥居が女役になります。
                    男役、女役で太鼓の打ち方が違います。
                    ちなみに、鯛にも同じように男役、女役があります。

                    男の子たちは、金銀の刺繍をした豪華な衣装を身につけます。
                    肩からはあざやかな5色の帯を吊るし、黒足袋をはき、家紋入りの鉢巻を
                    きりっと締めます。
                    二年、務めるため、晩ならしのときに着る薄物一枚と、

                    本祭りに着る着物三枚。

                    その着物にあわせての襦袢二枚。

                    家紋入りの鉢巻も着物に合わせて三本。
                    脚半、手甲、印籠、お守り袋、博多帯、5色の吊るし帯。



                    この5色は紅白一反、後の3色は半反を使用。ちりめん地のものはズシリと重みがあります。

                    太鼓を打つ撥は、桐。矢を表す紅い布が付けられています。


                    昭和30年代当時、衣装を誂えるのに、家一軒分と伺いました。
                    着物の柄からお誂えなので、その家柄が現れています。
                    網元の家、置屋の家、議員の家…。


                    また時代が感じられる出来事やアニメも。刺繍も手からミシンに。

                    明治・大正・昭和20、30、40,50年代まで。
                    ゆっくり見ていたら、時間が足りません。
                    職人さんの心意気が感じられる大正や昭和30年代ものが素晴らしいです。



                    これは語るより、是非、ご覧頂きたいものです。





                    | | 00:35 | comments(2) | trackbacks(0) |
                    ふたさぎを愛用
                    0
                      「ふたさぎ」とは、古来の女性下着の名称のひとつ。

                      最近は「パンドルショーツ」といわれるフランス語の下着が流行っているそうですが、日本人ですもの。。。
                      私は、「ふたさぎ」を愛用しています。

                      商品名は、火水衣(ひみい)と土衣(とい)
                      素材は羅布麻(らふま)
                      この布は、触るとほのかに温かい。

                      初めて手にしたとき、お洒落過ぎてショックを受けました。
                      しゅーるさんという鎮守の森の妖精のような方がつくっています。
                      ブランド名はしゅーる

                      しゅーるさん的には、火水衣(ひみい)は女性用・土衣(とい)は男性用
                      でしたが、女性でお初に土衣(とい)を試しました。
                      とても具合が良いのです。

                      良いものを知ってしまうと、つい言いたくなってしまう性分。。。
                      さすがに写真はアップできませんが、良い感じです。

                      とりあえず、今日はここまで。



                      | | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>
                      RECOMMEND
                      四季旬菜100選
                      四季旬菜100選 (JUGEMレビュー »)
                      木村 惠一
                      まず写真が美しい。勢いがある。そそられる。
                      旬のものには、エネルギーがあるのが伝わってくる。
                      一首添えられて、語られる文章は簡潔だが奥深い。
                      「つくし」からはじまるのも嬉しくなった。
                      どこからでも読み始められる気ままさもよい。
                      手元に置いて、時々眺めたい一冊。

                      RECOMMEND
                      ハイライトで読む 美しい日本人
                      ハイライトで読む 美しい日本人 (JUGEMレビュー »)
                      齋藤 孝
                      嬉しくなりました。
                      ついひと昔まであった愛すべき、美しい日本人のあり方に触れることができたから。
                      忘れ去られていたことが、なーんだ!ほんとはそうだったんだ!
                      と明るい発見があるものでした。
                      日本人のアイデンティティを考える時におすすめの一冊です。
                      RECOMMEND
                      聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技
                      聞き書き 着物と日本人―つくる技、着る技 (JUGEMレビュー »)
                      原田 紀子
                      着物が仕事着として機能的であることを知る貴重なお話。またぎの装束・たたら着・白衣・日常の中の着物。一番関心をもったのは「着物の手入れと再生」
                      その中で、夢蔵の鈴木さんの記事を発見!!!著者の聞き書きの幅の広さに感心致しました。
                      RECOMMEND
                      安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて
                      安藤明子の衣生活―ずっと着られる衣服を求めて (JUGEMレビュー »)
                      安藤 明子
                      家庭をもち、子育てをしながら根付いた「サロン」
                      慈しみ大切にする気持ちが伝わってきます。
                      安藤さんのサロンはきものに通じるものがあります。
                      「ギャルリ百草」にて安藤さんにお会いして、彼女のことをもっと知りたくて・・・
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE